ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

高血圧の薬は一旦中止にしました。

高血圧の薬を飲んで副作用と思われる症状で苦しみました。

3週間ほど前にクリニックへ行った折、高血圧のための薬を試すということになりました。

減塩生活を頑張っていたのですが、寒くなってきたせいか最高血圧が140を超える日が多くなっていたからです。私もそれまでの頑張りで疲れていたので、薬で血圧が正常値まで下がるなら楽かなと思いました。とりあえず、2週間服用することになりました。

ところがいろいろな症状が出て、苦しむことになりました。

最初に処方された薬で出た症状は、発疹、集中力のなさ、、脱力感、うつ的精神状態などです。発疹は全身ではなく首の周りだけでしたが日を追ってひどくなり、どんどん広がっていく赤いポツポツには悲しくなりました。そして何事にもやる気が出ず、一日中頭がぼーっとした状態の日々でした。

始めのうちはそれらの症状が薬によるものだとは考えもしなかったので、どうしちゃったんだろう?なんて呑気にかまえて2週間分飲み切りました。

しかし飲みきった後に、もしやこれは副作用なのでは?と気づき、先生にそう訴えました。先生も首の発疹を見て薬によるアレルギー(副作用)かもしれないということになり、薬を変えてまた2週間試すことになりました。

そして続けて新しい薬を飲み始めました。最初の薬を止めたので、その後2日位はだんだん発疹が治ってきて気分も良くなっていったのでホッとし、もっと早く気づくべきだったと反省。新しい薬で順調にいくと思いきや・・。

安心した矢先3、4日経ってまた発疹が増えてきました。そしてわけもなく咳が出て、そのせいか喉が痛くなり、水や物を飲み込むときに辛く感じるようにもなりました。これも副作用ではと疑い、前の反省もあったので薬の服用を止めました。

本当にそれが薬が原因で出た症状かどうかはわからなかったのですが、咳はともかく発疹はかなり怪しいと思ってました。

勝手に止めてしまったので、次の日の朝電話で症状を話した上でクリニックへ行き、先生に相談しました。先生は「それでは全く違う系統のもので・・」とおっしゃったのですが、私はもう怖くてしばらく血圧の薬は遠慮したかった。

発疹が完全に治るまで薬は飲まずにいたい、またしばらく経ってから仕切り直したいと話しました。減塩も運動も頑張ってみますからと。

実はお医者様に自分の考えをいうのは大切だとわかっていても、なかなか言い出せない時もあったりします。ご機嫌を損ねるといけないかなと思ったり、あまりにもトンチンカンな事を言うと恥ずかしいなとか考えてしまって。

今回はまず診察室に入った時、先生に「踏んだり蹴ったりでしたねぇ」と笑顔で言われ、ちょっと話しやすくなりました。本当はムッとしてもいい場面かもしれませんが。

薬は中止することになり、急に170、180なんてことが続くような事になったらすぐ来院することを約束し、「目標は120〜130台です。まだ努力でなんとか出来ると思いますから頑張って」と励まされ帰ってきました。

副作用(?)では苦しめられたけど、この経験があってもっと真剣に努力しようと思えました。だから良かったのだと思います。
なるべく体を動かして、更に食べるものにも注意します。

f:id:kodemarix:20211206150702j:plain

追記:2021年12月15日

その後、首あたりの湿疹は少しずつ良くなっていったもののまだ荒れていて、再度皮膚科を受診しました。高血圧の薬のこともお話ししましたが、首周りだけの発疹なので、先生の見解では薬疹とは考えにくいということでした。ただ、そもそも症状を見ただけで薬疹と結論づけることが難しく、薬を止めて治れば薬疹だったと考えられるということだそうです。薬を止めてすぐに良くなる場合もあれば、2週間くらいかかることもあるとか。

現在の様子を見ていただいて、保湿薬を処方してくださいました。これでまた様子を見ることに。

私は薬のせいだと思ってしまいましたが、全くの誤解だったかもしれません。