ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

中国ドラマ「成化十四年〜都に咲く秘密〜」感想〜ワクワクが止まらない娯楽大作

「成化十四年〜都に咲く秘密〜」 原題:成化十四年 2020年 爱奇艺(iQiyi)

★★★★★+

明朝時代の推理ドラマ、とにかく面白かったです。毎回ワクワクしながら見ていました。物語の面白さに加え、登場人物のバランスがよく、なによりそれぞれのキャラの魅力が際立っています。そしてキャストの魅力も非常に大きかったです。4話ほどで一つの事件が解決するというスタイルなので登場人物は多いもののわかりやすく、混乱もなく飽きずに見られます。コメディ要素があるのも楽しく見られるポイントです。人気作家の梦溪石(モン・シーシー)の原作「成化十四年」は耽美小説(BL)のようですが、そういう色は出ていません。最後の最後でブロマンス的な感じが出てきますが、そういう意識で見なければわからない程度かなと思いますので、誰にでも楽しめる作品です。

画像:百度

唐泛(とうはん)=官鴻(グァンホン)
隋州(ずいしゅう)=傅孟柏(フー・モンボー)
汪植(おうしょく)=劉耀元(リウ・ヤオユエン)
裴淮(はいかい)=毛毅(マオ・イー)
冬児(とうじ)=黄楊钿甜(ホアンヤン・ティエンティエン)

明朝成化帝の14年。都で法を司る天才推官の唐泛(とうはん)はグルメで俸禄の殆どが食べることで消えてしまい、小遣い稼ぎに小説を書いて暮らしている。秘密警察・錦衣衛の随州(ずいしゅう)は無口で人と関わるのが苦手、正義感が強く腕が立つ一方、料理が上手で実はお坊ちゃまでもある。この2人に皇帝の右腕である冷徹で頭の切れる宦官の汪植が加わり、それぞれの知恵と行動力を駆使し数々の都の悪と戦う推理時代劇。 

『成化十四年~都に咲く秘密~』ドラマ公式サイト|ポニーキャニオン

以下ネタバレあります。

オープニングの曲を聞くだけでワクワクして本当に毎回楽しみに見ていました。最終回は来なくていいとも思いました。ずっと見ていたかったドラマです。

ジャッキー・チェンが初プロデュースしたwebドラマでコミカルな部分もたくさんあり、アクションシーンも本格的でジャッキーらしさを感じるドラマでもありました。

明朝時代のシャーロック・ホームズと例える紹介文もありましたが、私はそういう風には感じませんでした。探偵物語というところからそういう見方が出たのでしょうが・・。

グルメな唐泛なので美味しそうな庶民の料理が出てきますし、随州が料理を作るシーンでは食材や使っている調理器具など興味深く見ました。明朝時代の街の様子も再現されていて想像力を掻き立てられ、ストーリーに楽に入り込めました。

主役の3人のバランスがとても良かったです。

唐泛(とうはん)はマイペースですが、なにかに没頭すると寝食を忘れるくらい夢中になる天才。少しわがままでもあるけれど、愛嬌があって皆に好かれる。演じた官鴻(グァンホン)は古装が似合っていて優雅で素敵でした。美しかったです。

そんな唐泛と一緒にいる随州(ずいしゅう)は彼にいつも振り回されています。クールで男らしく強いイメージですが、トラウマがあって弱い面も持ち合わせています。そういう二面性は女心をくすぐりますね。カッコよかったです。

そして、私イチオシの宦官・汪植(おうしょく)。腹の中が読めない冷酷なちょっぴり嫌なヤツなんですが、でもやさしい面もあり実は情に厚いように感じました。6歳で宮中に入り、ずっと孤独だったから唐泛と随州は彼にとってぬくもりだったと思います。最後はなぜ遠くに言ってしまったのかなぁと残念でした。女性ではないけれど、妖艶。

最後になって唐泛と随州は呼び合う名前が変わっていて、こういうところがブロマンス色なのかなと思いましたが、ストーリーの中では2人が急接近なんてことはなかったです。

この3人のイケメンに目が行きがちですが、ストーリーもアクションも素晴らしく作品自体に勢いや力があります。誰が見ても楽しめる娯楽大作です。

 

このドラマのお楽しみの一つに最後のメイキング映像があります。ドラマでは見られない主演の3人が撮影合間に仲良く笑う姿も見られますし、その他衣装のこと、アクションシーン、撮影時の苦労など裏話が聞けて面白いです。これを見るとドラマ一つ作るのって本当に大変、裏方の頑張る姿も見られて一層このドラマが好きになりました。

そして、3人は一緒に挿入歌も歌っています。

夜闌珊 - YouTube

上手というわけではないけれど、お楽しみの一つ。(*^_^*)

 

とにかく夢中になって見ていたので終わってしまって気が抜けてしまいました。再放送があれば必ず見たいです。

画像:百度

劉耀元(リウ・ヤオユエン) 1996年1月3日生 中国浙江省杭州 176cm

アイドルグループZERO-Gの元メンバー。
「成化十四年」では汪植(おうしょく)をとても上手に魅力的に演じていたと思います。一人二役も素晴らしかった。この作品がまだ2作目ということですが、演技力もかなりなもので他の作品も見てみたいです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

では、また。

白バルサミコがすごく便利でいろいろ工夫ができそう。

昨日から中国ドラマ「 琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~」再放送がBSテレ東のサブチャンネル(172ch)で始まりました。

中国ドラマ☆ 琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~(BSテレ東)の番組情報ページ | テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式)

昨日は仕事が休みだったのでそのままサブチャンネルを視聴したのですが、今日は録画しなければ見られない・・。でも番組表にはサブチャンネルが表示されず困りました。考えた末、録画予約を手動ですればいいんじゃないかとようやく解決策を見つけました。手動ならチェンネル172chを選んで時間を入れればOK。ちゃんと録画できてました。よかったぁ。勉強になりました。(^^)

さて本題に。

先日買った白いバルサミコ、とても気に入りました。

いつもの黒いバルサミコよりもクセがなく、爽やかな甘味を感じマイルドです。

普通のバルサミコ酢の黒い色はお皿の上でおしゃれに見えるときもありますが、自宅でサラダにかけたりする場合は、例えばモッツァレラなどには色がついてしまってちょっと残念な気持ちでした。白バルサミコ酢ならそういう心配がありません。

使いながら、似たようなものにワインビネガーというものがあるけれど、どこが違うのかなぁと疑問に。

使った感じではバルサミコはビネガーと比べるとツンとすることがなく、口当たりも良いように思います。特に白バルサミコはまろやかです。

 

ワインビネガーはブドウから作られます。ブドウ果汁をアルコールで発酵させ、その後酢酸菌で発酵させて酢にします。

バルサミコ酢も原料はブドウですが、こちらは果汁を煮詰めて酢酸菌で発酵させ木樽で熟成させて作ります。木樽の木材の違いで風味も変化するそうです。熟成期間によって味わいが違い、長期になればなるほどまろやかになるそうです。

 

バルサミコって昔は高いものという印象でしたし手に入りにくいものでしたが、今ではスーパーにもあります。でもスーパーでは黒いバルサミコがほとんどですね。

私が買ったのはオーガニックの食料品店ですが、白バルサミコも種類が豊富で悩みました。選んだのは「メンガツォーリ バルサミコ酢(白)」です。

良し悪しがよくわからなかったので、高すぎず安すぎずの値段で選びました。

[メンガツォーリ]バルサミコ酢(白) | 食品,Mengazzoli | ミトク オンラインショップ

なんだか勝手にバルサミコといったら黒と思っていたので、目からウロコ的な白バルサミコ酢。使い勝手もいいので今後どんどん使っていきたいです。

サラダ丼を良くするのですが、この白バルサミコだとご飯にも色がつかずにいい感じでした。ご飯にも合うような気がします。ほんのりとした甘みがポイント。

この白バルサミコのおかげでご飯が酢飯のようになりました。夏の食欲ない日でもさっぱりと美味しく食べられそうです。これで簡単にお寿司も作れそうです。

餃子にも合いましたし、ピクルスにもピッタリだと思います。

暑い季節にはお酢ですよね、「白バルサミコ酢」これから活躍してくれそうです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

一人の時間も大切に。
では、また。

中国ドラマの女性の髪型「両把頭(りょうはとう)」〜清朝時代

先日、中国清朝後宮を舞台にしたドラマでよく見る女性のつけ爪についてお話しましたが、今回は髪型。

清朝の男性の辮髪もそうですが、女性の髪型も不思議ですよね。見慣れてしまえば何ということないですが、冷静に見ると毎朝大変そうだなぁ思います。
そして年代を追って上へ上へと大きくなっていきますね。

こういう現象は中国だけでなく、フランス18世紀マリーアントワネットの時代の貴族の女性達にもありました。かなり風変わりなヘアースタイルが流行していました。

画像:ポーラ文化研究所

18世紀フランス、貴族の華やかなよそおい | ポーラ文化研究所

日本でも女性の髷は、例えば遊女たちの競争心からどんどん目立つように進化したんですって。

 

話がそれてしまいましたが、清朝時代の女性の髪型「両把頭(りょうはとう)」は髪を額中央から左右に分けてまとめて横に倒す髪型。寝る時に邪魔にならないようにとこのようになったようです。

当初は地毛をまとめるだけで横に垂らすお団子のような感じだったものが、巻きつける位置が少しずつ上の方になり正面が広く見えるように、そして更に大きくするためにカツラを使いました。

清朝後期になると旗頭(大拉翅)と呼ばれる板状の装身具になりました。年代を追うごとにだんだんとエスカレートしたわけです。

ただドラマや映画ではその年代に合わない髪型になっている場合もあり、誤解を招くこともあるらしいです。

画像:百度

清朝後宮では初めから末期までに女性のヘアースタイルはものすごく変わりました。初期の頃は皇太后や皇后でも普段は髪に宝石は付けておらず季節の花を刺していたようです。もちろんこの頃は地毛をまとめていましたから、あまり重いものは付けられないのです。

康煕帝の時代でさえ皇太后、皇后も普段は髪にはアクセサリーを付けていなかったそうですが、乾隆帝の時代になると国も安定し財政的にも豊かになり後宮の女性たちのファッションもどんどん豪華なものへと変化していきました。 

乾隆帝の時代は清朝において最も繁栄し手工芸産業が急速に発展しました。美しい宝石や凝った作りの簪などが後宮の女性たちを楽しませましたが、これらの重さに髪が耐えられないという問題がありました。

その後重さに耐える工夫がなされてカツラを使って高く持ち上げるようになり、更に正面を平らにしてたくさん付けた簪などを良く見えるようにしたのだそうです。

画像:sina.com

この「両把頭」は後宮の女性たちの競争心を更に掻き立てたでしょう。妃位が高ければ生活も裕福で高価な飾りも付けられたでしょう。宝石をあしらった髪飾りも妃たちのステータスを表すものの一つとなりました。

後宮の妃位は

  • 皇后
  • 皇貴妃(臨時的な位)
  • 貴妃
  • 貴人
  • 常在
  • 答応

定員が決まっている妃位もありましたが、乾隆帝は定員以上の側室がいたのだそうです。

 

清朝後宮には多くの人がいました。皆、給料制だったらしくそれを「宮份」と言いました。

太后、皇后、妃たちも「宮份」制で現金の他に綿花、毛皮など現物支給もあり、毎日の食料品まで決まっていたとか。

食料品は仕える使用人達の分も入っていて、これで賄えなければ使用人の数を減らすしかなかったそうです。つまり自分に仕えている人は自分が養っていくわけですね。

清朝の皇后の給料はいくら?

逆に言うと使用人の数が多い人は高給取り、妃位が高いわけです。時々寒いのに炭もないという妃も登場しますが、位が低くて「宮份」が少ないのかも知れません。

こういう後宮にいるのならやはり高い位を望むのは当然のことかもしれません。皇帝の寵愛を受けること、皇子を生むことは愛からくる単なる願いとはちょっと違う、死活問題と言ってもいいでしょう。

意地悪や嫉妬や陰謀・・仕方ないかも。

後宮の妃達の中で本当に幸せだった人はいたでしょうか?

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

心も休めましょう。
では、また。

東ティモール産のコーヒーを買いました〜スッキリとした味わい

いつもコーヒーを買う「南蛮屋」さんでは「世界珈琲漫遊記」というシリーズで、まだメジャーではないけれど美味しいコーヒーが世界にはまだまだあるよと様々なコーヒーを紹介してくれます。

今回第39弾は『東ティモール コカマウ生産者組合』ということで、限定販売されたコーヒーを買ってみました。

濃い味を想像していましたが、少しスパイシーな香りでしっかりした苦味と酸味もありながらさっぱりとしていて飲みやすかったです。アイスコーヒーならもっとスッキリ味になるように思います。

 

学生の頃「地理」の成績は低空飛行でしたが、今でも小さな国の位置がわからないままです。まず覚える気が無いというのが問題ですね。

東ティモールを調べてみました。

 

東ティモールは聞き覚えのある国名ですが、場所ははっきり知りませんでした。

画像:jica.go.jp

インドネシア東部、ティモール島の東側半分の国で、首都4都県(東京、千葉、埼玉、神奈川)の合計面積とほぼ同じ大きさです。かつてはポルトガルの植民地だったこともあります。その後インドネシアに併合されましたが、2002年5月20日に独立を果たし「東ティモール民主共和国」となりました。

主要な産業は農業で米やとうもろこし、イモ類を栽培しています。輸出用作物として特にコーヒーの栽培に力を入れており、重要な農産物になっています。国の収入源は9割が石油関連だそうですが、次はコーヒー。

東ティモールインドネシアに似て美味しいコーヒーが育つ環境にあり、魅力的な生産国といえるようです。

熱帯気候で国土の6割以上が山岳地帯。寒暖差があり、降水量も多くコーヒー栽培には適している環境ということです。国民の1/4がコーヒー産業従事者なんだそうです。

現地ではどのようにコーヒーを楽しんでいるんでしょう?砂糖やミルクの代わりに練乳を入れて飲む「kopi susu(コピ スス)」というものがあるそうです。ちょっと想像がつかないですが、甘くすると更に美味しさが増すのかな?

今ではカルディやネットショップでも東ティモールのコーヒーを取り扱っているお店が増えてきているようなので、機会があればいかがですか?

また東ティモールには手つかずの自然がいっぱい。海もキレイで山もありますから観光地としても魅力的ですね。ダイビングにもおすすめの場所のようです。

画像:divenavi

東ティモールのダイビングツアーならダイブナビ。東ティモールのダイビングショップ、海情報|海外ダイビングツアー|ダイブナビ

 

ダイビングは出来ないけれどこんなキレイな海の中、見てみたいなぁ。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

のんびり過ごしましょう。
では、また。

地元の飲食店には頑張って欲しい。

近くの中華料理屋さんに夕食を食べに行きました。

我が家の周りは住宅街で大きな通りもなく、近くに飲食店はほとんどありません。おしゃれなカフェなど残念ながらないわけです。

でもバス停近くまで行くとお蕎麦屋さんと中華料理屋さんがあります。

不思議なことにあまりにも近いと行くチャンスがないですね。我が家では昔から出前をとるということもありませんでしたので、近くの飲食店とはほとんど接点がありません。

何かあればなんでもある駅前へと思うので、どちらのお店も行ったことはありませんでした。

急に思い立って中華料理屋さんへ行ってみました。ここは若いご夫婦が2人で経営しています。席は全部で15席くらいの小さなお店です。

コロナ前は通しで営業していたのですが、その後昼食、夕食の2部制になりました。

この場所には1年毎に色々なお店が出たり入ったりでなかなか根付くお店がなかったのですが、この中華料理屋さんはもう5年位になります。

場所は公団住宅に囲まれた位置で人の数を考えると立地的にいいのかなと思う反面、なにしろ高齢者の多い地域ですから外食という人も少ないだろうし、またすぐダメになっちゃうかなと心配していました。

でも、今ではすっかり根付いているし、立派だと思います。やはり経営者の努力とか誠実さが評価され頑張れるのかもしれません。

コロナで飲食店は本当に大変だと思います。当初この中華料理屋さんも外に人が並んで待つほど盛況でした。物珍しさもあったと思いますが、安くて美味しいと評判も良かったからです。

今回、急に思いつき妹を誘って行ってみました。妹は開店当時に一度来たことあると言ってました。

注文したのは担々麺(一人分)、エビチリ、酢豚、ビール(一本)、餃子、ご飯。全部で4000円程。

担々麺は山椒のピリッとした刺激が癖になりそう、エビチリのエビも大きくプリプリだったし、シャキシャキの野菜が入った酢豚は黒酢でさっぱり味、餃子もしっかり羽つきで肉汁たっぷりどれも美味しかったです。お値段もとても良心的だと感じました。(写真撮影を忘れました・・)

私達が食べている間もテイクアウトのお客様が2人来店しましたし、私達と入れ替わりに予約のご家族が入店されました。

お料理をテイクアウト出来るのはもちろんですが、冷凍の手作り餃子や春巻きも販売しています。

失礼な言い方ですが、私から見ると細々と頑張っているという感じに見えますが、それでも来店する人が切れずにいるというのは今までの頑張りの賜物ではないかなと思いました。

最近はインスタも始められたようで、それを見るとケータリングや季節のメニューなど紹介されていました。こういうSNSは24時間365日お知らせも出来るので便利ですね。

駅前と違い、人の往来が多い場所でもないし大変だとは思いますが、これからもずっと永く営業していて欲しいので、私もちょくちょく行きたいと思いました。何しろ歩いて数分の場所にありますから、あまりにも微力ですが応援も込めて。

今度はお店イチオシの麻婆豆腐とチャーハンを食べたい!

夏はお蕎麦屋さんもいいな。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

明日が今日より楽しい日になりますように。
では、また。