ふくみみdiary

      余生を楽しむまったりずむ

運転免許証を返納〜運転経歴証明書にしました。

今日は夏に戻ったように暑いです。

できることは早く終わらせてしまおうと思い、運転免許の返納に行ってきました。

警察署でも運転免許センターでもできるのですが、警察署だと後日交付、センターだと即日交付。運転免許更新のときもセンターで行っていたので、今回もセンターへ行きました。

センターに着いてから交付されるまで、約1時間かかりました。思うほどさっさとは終わらないですね。

センターに着くと免許更新の人たちの長い列がありました。整理券をもらって順番に並び、少しずつ中に入って手続きをするようになっていました。

私のように返納の人はそのまま中に入り、再交付手続きと同じ窓口で、返納すること、「運転経歴証明書」の交付を申請したい旨を伝えます。ただ大きく返納窓口などと書かれた張り紙もないので、少しウロウロしました。

私が進んだ窓口の人(まだそこそこ若いおばさん)が機関銃のように説明する人で、途中で聞き返す隙もない。それに早口、不親切だなぁと思いながらも、なんとか理解して次に進みました。

一日に何度も同じことを説明しているから、機械的になるのは仕方がない気もしますが、返納といえば高齢者が多いでしょうから話すスピードもギアチェンジしてもらわないと。

最後にこちらが「ありがとうございます」を言いかけたけど、「次の人〜」って。
モタモタしないでさっさと場所空けてって言われてるみたいで不愉快でした。

案の定、私の次のおじいちゃんは彼女の早口攻撃を受けて、何度も聞き返してました。

手数料の1100円を支払って、またこの窓口に戻るのですが、別の人の列に並びました。今度は男の人でわかりやすく話してくれて良かった。時計を見せられて「◯時◯分に運転免許失効(消失?)になります。これから運転出来ません」と念を押されて、書類にサインをしました。

そして「運転免許の取消通知書」をもらいます。「運転経歴証明書」は有効期限がなくずっと使えるのですが、万が一紛失した場合はこの書類があるとスムーズに再発行手続きができるのだそうです。

それから写真を取ってもらって、暫く待つと出来上がった「運転経歴証明書」が渡されます。一緒に返納支援措置一覧という表をもらいましたが、やはり私が使えそうなサービスはないみたいでした。

これでもうこのセンターに来ることもないなぁと思いながら、帰路につきました。無事に終わってホッとしました。

汗ばむくらいの陽気でしたが、街路樹を見ると・・秋ですね。

f:id:kodemarix:20211004140224j:plain