ふくみみdiary

      余生を楽しむまったりずむ

韓国ドラマ「左利きの妻」感想〜嵐のようなジェットコースターストーリー

「左利きの妻」 原題:왼손잡이 아내 KBS 2019

★★★★★

f:id:kodemarix:20210818112233j:plain

画像:KBS

オ・サナ(イ・スギョン)
パク・ドギョン(キム・ジヌ)
チャン・エスター(ハ・ヨンジュ)
キム・ナムジュン(チン・テヒョン)
チョ・エラ(イ・スンヨン)
イ・スホ(イ・ウォンソク)


ゆっくりと愛を育み結婚し幸せの絶頂にいたサナだったが、新婚旅行中に夫が行方不明になってしまう。必死で探し続けるがなんの手がかりもみつけられない。一方、財閥オーラグループの御曹司のドギョンは才能もなく仕事でも成果が出せず、会長の祖父にはいつもナムジュンと比べられ後継者になることも危ぶまれていた。そんな中、隠れて交際しているエスターに妊娠を盾に脅されついに別れることを決心する。しかし交通事故に遭ってしまい・・。
数年後、いまだ見つからぬ夫を探し続けるサナだったが、医学療法士の免許をとったことで、入院中のドギョンの回復の手伝いを引き受けることになる。サナはドギョンと関わるうちになぜか彼に夫を感じ、またドギョンも不思議とサナに親しみを感じるのだった。

「左利きの妻」公式サイト

 

以下少しネタバレあります。

最初から最後まで面白く、いつもハラハラドキドキで見ていました。陰謀、復讐、出生の秘密、嫉妬、妬みなど愛憎劇には欠かせない要素が盛りだくさんです。長編ですが中だるみもなく次から次へと問題が起こり最後まで嵐が吹き荒れるようなドラマです。愛憎劇が嫌いでない方にはオススメです。

ドラマ「悲しくて、愛」は夫から逃げるために顔を変えた妻、自分が望んで別人になったわけですが、今回は自分の意思とは関係なく変えられてしまいました。顔の変わってしまった夫を愛せますか?いままでと違う夫を受け入れられますか?究極の愛のドラマともいえます。人はその人の何を愛するんでしょう。
また鏡を見ると違う人が映る、そんな自分をどうしたら良いのでしょう。

そう考えるとちょっと重いドラマのように思うかもしれませんが、顔の変わったスホも周りにすぐに馴染んでいるし、それより次々と降りかかる火の粉を払うのに精一杯でそんな重さを考える余裕もないです(笑)でも、目覚めたら自分の顔が全然違うのですから怖いですね。変わらすイケメンだったから良かったけど・・。

ドラマによくあることですが、口に出して言ってしまえばすぐに解決するのに言わないのでこじれるという場面も多く、少しイライラもしました。ただこじれるからこういうドラマは面白く展開するんですね。

でも見終わって怒りもあるし、疑問もあります。こんなことをしたエスターとナムジュンは到底許せません。人の人生をめちゃくちゃにしても、最後までずっと近くにいるのが不思議でたまりませんでした。ナムジュンもエスターも捕まっても反省することなくお互いに罪をなすり合い、釈放後も計略をめぐらしたり脅したり強欲に生きます。許すなんてありえません!他にも解決されてない問題、チョ・エラとその夫の犯罪はどうなったのか・・。

あんなに悪い奴らが簡単に改心するとも思えないし、たとえ改心したとしても怒りが収まらないのですが、それが愛憎劇の醍醐味かもしれません。

私としては最後ゴールド・アセットのオ会長の件はなくても良かったのではないかなと思っています。その前に勧善懲悪で終わっていればスッキリしたかな。

それでもパッピーエンドで終わって良かったです。 

f:id:kodemarix:20210819105232j:plain

さて、このドラマで一押しはナムジュンを演じたチン・テヒョンさんです。
いつも記憶に残る演技で流石だなぁと見ていました。このドラマでも優しさあり、冷酷でもあり、母への思いとか、それぞれの表現が素晴らしかったです。

f:id:kodemarix:20210820115541j:plain
画像:news.joins.com

女優のパク・シウンさんと結婚されていて、2019年に大学生の女の子を養子にしたことで話題になりました。