ふくみみdiary

   余生を一緒に楽しく

中国ドラマ「風起花抄(ふうきかしょう)~宮廷に咲く琉璃色の恋」感想〜復讐、帝位争い、ロマンス、どれもきちんと面白い娯楽作

「風起花抄~宮廷に咲く琉璃色の恋」 風起霓裳 2021年 湖南衛視

★★★★☆

中国では大ヒットしたドラマです。始めからスピード感があってすぐに引き込まれましたし、内容もわかりやすく面白かったです。

宮中のドロドロに発展するのかと思いましたが、陰謀や嫌がらせはあるものの割とサラリと気持ちよく見られるドラマでした。

母の死に対する復讐とロマンスが主ですが宮中の後継者争いも描かれていて、歴史劇としても面白かったです。史実に基づいた内容もあり、そういう面でも楽しめるドラマでした。

前半は男として生きていたヒロインの嘘がバレそうなハラハラ、中盤はヒロインと2人のイケメンとの三角関係のドキドキ、そして愛し合いながらもなかなかすんなりとは結ばれないもどかしさ。

終始感情を揺さぶられて続きが気になりました。中だるみもなかったし、よく考えられたストーリー展開だったと思います。

キャストが良かったです。女性陣は美しく雰囲気があって素敵でしたし、男性陣はイケメン揃いでした。やはり目を引く俳優さんがいるとドラマにも入り込みやすいです。

服作りの世界の話でもあり緻密な刺繍が施された衣装は本当に素晴らしかったです。特に褐色に緑をあわせる衣装は唐三彩(黄色・褐色・緑)を思い出しました。

またシルクロード交易も盛んだった国際的な唐の都が描かれ、自然と唐時代の活気や文化をイメージすることが出来ました。

とにかくストーリーが面白く、目の保養にもなる楽しい作品でした。

画像:163.com

庫狄琉璃(こてき・るり)=古力娜扎(グーリー・ナーザー)
裴行倹(はい・こうけん)=許魏洲(ティミー・シュー)
皇太子/李治(りち)=趙順然(ジャオ・シュンラン)
武媚娘(ぶびじょう)=施詩(シー・シー)

唐の第2代皇帝・李世民の時代。

宮廷で服作りの名人として知られた安四娘(あん・しじょう)は今では尚服局を離れ、娘の琉璃と静かに暮らしていた。しかし弟子の卓錦娘が持ち込んだ依頼によって、いわれのない罪を着せられ牢で自害する。

安四娘に娘の瑠璃を託された友人の孫徳成は、瑠璃の素性を隠すため名前を豆子と変えて男として育てる。

豆子は宮中で骸の消毒をする医官となったが、母譲りの服作りの才能を見せては孫徳成をハラハラさせていた。

豆子(瑠璃)が落とした巾着を見た卓錦娘はその刺繍の腕を見抜くと尚服局に引き抜こうとする。素性がバレることを恐れた孫徳成は瑠璃を宮中から出すことを決意。

そしてなんとか宮中を出た瑠璃は裴行倹(はいこうけん)という男と出会う。

「風起花抄~宮廷に咲く琉璃色の恋~」公式サイト

以下ネタバレあります。

始めは瑠璃の聞き分けのない、浅はかな感じが嫌いでした。大事なことを大声で話したり・・。だんだん賢さも機転の早さも見えるようになって、ようやく落ち着いて見られるようになりました。

瑠璃を演じた古力娜扎(グーリー・ナーザー)はとてもきれいでしたが、美しすぎるのでとても男とは見えない・・男装の時はもうちょっとメイクを控えても良かったかなと思いました。

彼女はウルムチ出身のウィグル族です。顔の彫りが深く漢人とはやはり違います。中国の国土の広さを思い知らせれました。

一方、裴行倹(はい・こうけん)を演じたティミー・シュー。この人もかなり目力があって古力娜扎と2人でバランスが取れていましたね。若いのに妙に色っぽくて、こういう雰囲気を醸し出せる俳優さんは貴重です。個人的には昭和の二枚目的な感じを受けました。

 

前半は瑠璃の復讐が描かれます。瑠璃が母の死の真相を知り、復讐を決意し、敵の懐に飛び込み、刺繍の才能と知恵で仇を討つ展開は裴行倹、皇太子、武媚娘も絡んで面白かったです。

ただ割とあっさりと幕引きとなってちょっと物足りませんでした。もうちょっと卓錦娘を痛い目にあわせたかったです。(カット部分などあるのかもしれませんが)

そして帝位争いもハラハラしながら見ました。武媚娘や瑠璃の機転が皇太子を救いますが、悪者の裏をかくという展開はやはりスカッとして小気味良いです。

物語の中には史実をモチーフにしているエピソードもありました。例えば、男色の皇子がいた事や、武媚娘(ぶびじょう)が一度出家すること、夜の大洪水で李治(りち)が危機一髪だったことなどは史実に基づいています。

ただ展開は史実とは異なるので、こういう点はドラマの落とし穴かなと思います。別のドラマを見たときにあれ?と思うことありますね。

実在の人物を登場させているので、史実を盛り込むことも避けては通れないのでしょう。

画像:sohu.com

ようやく瑠璃と裴行倹の結婚の許しが出て、めでたしで終わるのかと思ったら、またひと波乱。裴行倹が結構複雑な身の上だったのですね。新しい火種のような予感でした。

臨海大長公主や珊瑚の動向が気になりました。

めでたく結婚式を済ませてドラマは終了なのですが、新しい火種はそのまま持ち越されて落ち着かない終わり方でした。せっかくの豪華な結婚式を見てもなんだか手放しには喜べず、何か起こるんじゃないかと最後までヤキモキさせられました。

どうやら続編があるようで、それを踏まえての最後だったようです。

それでも2人の楽しそうな幸せそうな笑顔にはほっとしました。裴行倹の瑠璃へのあふれるような思いが眼差しや全身から伝わってきて、凄い演技力だなぁと感心。

そして瑠璃の育ての親でもある孫徳成が瑠璃の晴れ姿を見ることが出来て良かった。感無量だっただろうと思うと私も泣けました。

最終回では瑠璃と裴行倹の強い愛を感じました。それがとても心強かったです。
続編でどんな苦難があってもきっと大丈夫と思える2人でした。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。
では、また。