ふくみみdiary

   余生を一緒に楽しく

そろそろお墓参り

今日は仕事帰りにスーパーで買い物をしたのですが、スマホを忘れていて焦りました。どうりでバッグが軽いはず・・。

最近は主にキャッシュレス決済を使っているので、現金を多く持っていません。お財布を見てみたら現金で払うには200円ほど足りない・・。

カゴの中の物を一つお返しして・・とも思ったけれど、さすがに恥ずかしくて言えなかった。

くぅ~、仕方なくクレジットカードで支払いました。カードは使いたくなかったなぁ・・でも方法はこれだけでした。

さて、そろそろ父母のお墓参りと思っているのですが、暑くてなかなか気合が入らない。10分も歩くと汗だくですね。

7月の最後に叔母と鰻を食べる約束をしたので、待ち合わせ時間の前に墓参を済ませようと思っています。

お墓は都内のお寺にあります。

私は子供がいないのでお墓を持っていると私の死後困ります。お墓の維持管理って結構大変ですね。ですから最初からいわゆる父母のためのお墓を買おうとは思いませんでした。

今二人はお寺の永代供養墓にお願いしています。私もゆくゆく同じところに入るつもりです。まだ生前予約はしていないのですが、70歳になったらお寺に相談してみようかなと考えています。

最近は永代供養墓(合葬)も増えてきました。昔とはお墓に対する考え方も違ってきましたし、後の代までお墓を継承していくというのが難しく墓じまいをする方も増えています。

知らない人と一緒に埋葬されることになる合葬墓は嫌だという方もいらっしゃると思いますが、私は死んだらきっとそんなことはわからないんだろうし、何より残った人達の負担にならないようにと考えました。

このお寺では歴代のご住職も亡くなられた後はこの永代供養墓に埋葬されます。そのため、毎朝ここでもお経を唱えてくださるということで私も安心できましたし、ありがたいことだと思いました。

仏教徒でもないのに、こういうときだけこんな風に思うなんて都合がよすぎますよね。

霊園もお寺も見学しましたが、見学すればするほど霊園よりお寺にという気持ちが強くなりました。そして今のお寺の永代供養墓がとても気に入って、何よりも私がココに入りたいと思いました。こういうのを縁というのでしょうか?一目惚れに近いです。

お墓を選ぶ際にいくつか条件を考えていました。駅近であること、緑が多いこと、ついでに何かできるような所。今の場所はすべて当てはまります。

ご住職のお人柄も素晴らしく、お話をしていて心が落ち着きました。「お墓参りはついでの時でいいですよ」とおっしゃってくださったのがうれしかったです。

このお寺の周辺にもカフェやレストランがありますが、日本橋や東京駅に出るのも簡単なので都会を楽しむついでにお墓参りをしています。

妹はちょっと遠いよねと言います。私が気に入った場所だったので独断で決めてしまいました。電車も乗り換えなしで行けますし、降りたら徒歩1分でお寺です。

自力で行くことが出来るうちは、ついでの折にはお墓参りをするつもり。本当に不思議なんですが、あのお寺に行くと気持ちが穏やかになります。大好きな場所なんです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

冷たいものを摂りすぎないように。
では、また。