ふくみみdiary

   余生を一緒に楽しく

中国ドラマ「長安 賢后伝」感想〜揺るがない一途な思いがもたらす悲劇

長安 賢后伝」 原題:長安諾  2020年 腾讯视频(テンセントビデオ)

★★★☆☆

一人の女性の波乱万丈の人生を描いたドラマです。実在の人物を描いたように見えますが、架空の歴史ドラマです。

展開がゆっくり目なのでわかりやすく、登場人物が多い割にはその人物の人柄や思いも理解できました。宮中の物語とは言え、それほど強烈なイジメや争いがなかったのも良かったです。

キャストは若手が多く出演しており、そこも見どころの一つです。

ただ始終心理戦が繰り広げられるような展開で少し疲れました。そして運命とは言え、一人ひとりにとても残酷なストーリーでした。

最後まで見終わってヒロインの印象が薄かったなと感じています。また歴史ドラマとしてはあまり深さを感じられなかったところが残念です。


画像:百度

賀蘭茗玉(がらん・めいぎょく)=趙櫻子(チャオ・インズ)
蕭承煦(しょう・しょうく)=成毅(チョン・イー)
蕭承睿 (しょう・しょうえい)=韓棟(ハン・ドン)
蕭啓元(しょうけいげん)=趙東沢(ジャオ・ドンザー)

雍臨の郡主・賀蘭茗玉(がらんめいぎょく)は盛州の第九王子・蕭承煦(しょうしょうく)と恋に落ち、将来を誓いあう。

折しも盛州王が崩御した。第三王子の蕭承睿(しょうしょうえい)は承煦に王位を継がせるという王の遺言を隠蔽し承煦の母を死に追いやり、自ら王に即位する。

即位した承睿は賀蘭茗玉を見初めて側室に望んだ。困惑する茗玉だったが、そんな折戦場から承煦の訃報が届き・・。

「長安 賢后伝」公式サイト | SPOエンタメ倶楽部

以下ネタバレあります。

最後まで見て、幸せになった人が誰もいないということを思うと手放しに面白かったとはいい難い作品です。

最初の茗玉と承煦の輝きのある幸せはあっという間に終わってしまい、最後にはそんな時が二人にあったことさえ忘れてしまうほどでした。

とにかく承煦には残酷すぎるストーリーです。茗玉への愛、執着がそうさせたと言えばそれまでですが、王族だということは実にややこしいなとつくづく思いました。最後の最後だけでも茗玉の傍でと祈りましたがそれも叶わず・・。

私はとにかく王に即位した蕭承睿 (しょう・しょうえい)が嫌いでした。疑り深く、嫉妬深く、したたかで陰険。死んでもなお茗玉や承煦を苦しめるとは。それでも彼も最後まで茗玉の心は得られず満たされることはなかったでしょう。

王には心を開かない茗玉の徹底ぶりは褒めたいところですが、それが王の承煦への敵対心や疑念に繋がったと思うとやりきれないです。

ヒロインの茗玉は純粋で天真爛漫な少女から思慮深い、慎重な大人へと成長していきます。恋人の承煦、夫となった承睿 、息子の啓元を影で支えた賢い女性というところだと思いますが、私としては賢いのかそうでないのかわからない部分もありました。

特に承煦に対しては中途半端であやふやな気がして、腹の立つこともありました。愛を貫いたといえるでしょうが、辛いだけ。でも承煦との思い出が彼女の生きる支えになるでしょう。

捨てきれない気持ちはどうしようもないけれど悲劇に繋がります。

実は承煦が死んでしまってから、彼の人生があまりにも気の毒で半分怒りに似た思いから、急速に見る気が薄れてしまいました。でもその後の茗玉の息子啓元(けいげん)の物語もなかなか良かったです。

彼は聞き分けがなくて、どうして賢い母親がいながらと思いますが、自分の母親と叔父承煦がただならぬ関係と思っているから反発も仕方がないです。二人は間違いなく最後まで愛し合っているわけですから、誤解もなにもないわけで・・。自分も人を愛するようになって人間として成長しましたが、やはり気の毒な人でした。

幸せな場面があまりないので、最後まで見ましたが長く感じたドラマでした。ただスポットライトが当たる人物が交代していくのでなんとか完走出来ました。

なんだかひたすら悲しく、虚しいドラマでした。でもこれが宮中という所なのかもしれません。

 

賀蘭茗玉(がらん・めいぎょく)は実在の人物ではありませんが、清朝の孝荘文皇后をモデルにしているそうです。

そして蕭承煦のモデルはドルゴンです。

ドルゴンとは - コトバンク


画像:百度百科

成毅(チョン・イー) 1990年5月17日 湖南省 181cm

数多くのドラマ、映画に出演している俳優、歌手。演技力がものすごく高く評価されている若手俳優です。凛々しい将軍姿はカッコよかったです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。
では、また。