ふくみみdiary

   余生を一緒に楽しく

中国ドラマ「上陽賦~運命の王妃~」感想~チャン・ツィイーの初の連続ドラマ

「上陽賦(じょうようぶ)~運命の王妃~」  上阳赋 2021年 优酷、爱奇艺

★★★☆☆

国際的な女優・章子怡チャン・ツィイー)の初の連続ドラマとして話題を呼んだ作品です。有名で実力派の俳優達が脇を固めていて、キャストを見ただけでも大作とわかるドラマでした。

一人の女性の人生を描きながら、権力争い、裏切り、家族、そして愛の物語が盛り込まれた本格的な歴史劇となっています。

登場人物は多いものの混乱なく見ることができました。少しずつ話も切り替わるので、わかりやすい展開です。

ただ、真面目に作りすぎているのか遊びの部分や和む部分がなくて面白味には欠けていたように思います。さらに王朝の権力争いや戦闘シーンもありながら盛り上がりを感じられず多少惰性で見ていた感があります。

結局描きたかったのは何かよくわからなかったので、私としては期待外れの作品でしたが、チャン・ツィイーのためのドラマとしてみれば魅力十分の作品でしょう。

衣装や小道具などは豪華で大作ならではでした。

画像:k.sina.com.cn

王儇(おう・けん)・阿嫵(あぶ)=章子怡チャン・ツィイー
蕭綦(しょう・き)・豫章王(よしょうおう)=周一囲(ジョウ・イーウェイ)
馬子澹(ば・したん)=楊祐寧(トニー・ヤン)
王藺(おう・りん)=于和偉(ユー・ホーウェイ)
賀蘭箴(がらん・しん)=袁弘(ユエン・ホン)

上陽郡主で王家の血を引く阿嫵(あぶ)は、美しさだけでなく賢さも兼ね備え誰もが憧れる女性に育った。幼馴染の皇子で恋人・馬子澹(ば・したん)とは将来を誓い合う仲だった。

一方、豫章王(よしょうおう)は低い家柄に生まれたが、勇敢で才知に優れ数々の功績をあげて異例の出世をした軍人で人望も厚い。

国の宰相である王藺は豫章王を利用するため、娘の阿嫵を彼に嫁がせようとする。この政略結婚に阿嫵は反発していたが、陰謀に巻き込まれた恋人の子澹を助けるため受け入れる決心をする。

婚礼をあげるとすぐに豫章王は戦地へ赴いてしまい、阿嫵は自堕落な生活を送っていた。そんな中、阿嫵は何者かにさらわれて行方不明に・・命を懸けて彼女を助けたのは豫章王だった。

始めは望まぬ結婚であったが、阿嫵と豫章王の愛は深まり絆はしだいに強くなった。そして共に国難に向かっていく。

中国ドラマ「上陽賦~運命の王妃~」公式サイト

以下ネタバレあります。

出だしでは阿嫵は15歳、チャン・ツィイーでは無理があるだろうと思ってみていましたが、さすがに国際派女優、表情や演技で快活さ・若さ・可愛らしさを十分に出していました。そのため違和感も感じることなく見ることができました。

家族に守られて自由に無邪気に育った少女の阿嫵が、様々な苦難の中で愛する国や民を支えるたくましい女性に成長していくという物語でもあります。 

阿嫵は魅力的な女性でたくさんの男性に愛されますが、妖艶さはなくドライな感じ。確かに美しいのですが、それほど男性の心を迷わすような女性とは思えませんでした。

演じたチャン・ツィイー云々ではなく、人物像が今一つだったように思います。

一方、豫章王は勇敢で思慮深く魅力的な人物でした。阿嫵のことを愛おしく思う様子もよく表れていたし、戦う姿もかっこよかったです。

ただ、このメインの二人のエピソードも割りとさらりとしているんですよね。

さらに、他の登場人物はあまり深く掘り下げられていないせいか、感情移入は難しかったです。

強いて言えば、豫章王の右腕だった宋懐恩(そう・かいおん)の愛とその苦悩、心の複雑さに興味があったくらいです。

物語の中に歴史劇ならではの要素はいろいろと詰まっていました。王権争い、仲間の裏切り、陰謀、隣国との摩擦、ロマンスなどなど。

詰め込みすぎてどれも深く描き切れていなかったので、なにもかも中途半端な感じを受けました。また必要ないんじゃないかと思うようなエピソードもあり(避妊薬とか兄のロマンスとか・・)ちょっと凝りすぎというか全体像がはっきりしないまま進んでいたような気もしました。

メリハリにも欠けましたし緊張感も感じられませんでした。

お金をかけた割には・・と思いましたが、カットされている部分があるでしょうからノーカット版を見れば感想も違うのかもしれません。

不満ばかりで申し訳ないですが、あれだけのキャストを揃えたのですから、もう少し深みのある内容にしてほしかったし、やはり若手も混ぜて欲しかった。

最後、阿嫵と豫章王は都を離れ静かに暮らす道を選び、二人の子も授かって幸せな様子でした。

このような暮らしがずっと続くことを願わずに入られませんね。でも、都はどうなったのか気になりました。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

では、また。