ふくみみdiary

 あせらず、まったり、笑顔で

老眼鏡の代わりになるものは

老眼鏡の柄の部分が片方折れてしまいました。
落としたわけでもないのにいきなりポキって。
100均のだから落ち込みもしませんが、本を読むのに困ります。

以前はハズキルーペを使っていた事もありました。すごく便利で気に入っていたのですが、白内障の手術後は目にあわなくなってしまい、妹にあげました。

そう言えば拡大鏡のシートタイプ(シートルーペ)があったはずだと思い出し、探して引っ張り出してきました。ずいぶん昔に確か丸善で買ったもの。

シートタイプは広範囲に拡大されるから便利です。しばらく愛用していたのですが、自分で持たなくてはいけないのがちょっと・・結構重い・・昔のだからか下敷きよりずっと重い。本を読む時はピントを合わせてその位置で持っていなければならず、その重さで手が疲れてしまってあまり長く読み続けられない。

同時に文庫本だとその本も手で持ちながらということになりがちなのでなかなか大変なんです。

立てられる付属品など付いていないので、何かで代用できないかなと考えたのですが、丁度よいものがあるはず無いですね。

ボケボケ写真ですけど、拡大されているのがおわかりいただけるでしょうか?


この便利な世の中、同じような物がきっとあるだろうと調べてみたら、なんと似たようなものが100均にもあるのですね。驚きました。100円ならダメで元々で試す価値ありです。眼鏡だってそこそこ使えるのですから、もしかしたら予想以上に優秀かもしれない・・一度確認してみたいなと思いました。

アマゾンで探すとタイプの違うものでたくさんありました。値段がピンきり。
あんまり安いものは心配だし、こういうものはやはり現物を見て買いたいな。

大きめの栞くらいの大きさのものはコンパクトで外出の時は便利そうです。本に挟んでおければ、読む時に探す必要もないですしいいかな。本に限らずメニューを見る時や買い物の時値段を確かめるのに使えますね。

ただ、本を読む際はレンズで一行ごと拡大して読んでいくというのは、普通に読む感覚とは違って違和感がありそうですが、どうでしょうか。

 

できれば広範囲に拡大される方が本に集中出来るような気がします。そして手で持たなくていい物。

良さそうなものがありました。

でもちょっと見づらいという評価もあり悩むところです。この値段ならもう少し足せば眼鏡屋さんで老眼鏡を作ることが出来ます。今メガネは安いので。

私はひどくガチャ目になっているので、左右の目にしっかりと合ったものを作るのも良いかなと思い始めました。一度眼科で相談してみようと思います。きちんとした老眼鏡ならきっと長く本を読んでも疲れないだろうと思いますので。

 

歳を重ねると目は大事だと思います。目からの情報は大量だし直接的であると同時に、相手の表情を読み取ったり言葉では受け取れない微妙なところも察する事ができます。

せっかく白内障の手術もしたことだし、この後も目は大事にしたい。
目をいたわるためにも100均などで済まさず老眼鏡作ろうと思います。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

キレイなものをたくさん見てください。
では、また。