ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

中国ドラマ「東宮~永遠の記憶に眠る愛~」感想〜悲劇で終わった運命の愛

東宮~永遠の記憶に眠る愛~」 原題:東宮 2019年 优酷(Youku

★★★☆☆
美しく切ない悲劇でした。架空の国の話ということで時代背景などイメージし難く、登場人物も多いので途中混乱もしました。主人公の2人が本当に美しく、また映像もキレイでした。衣装、メイクなども工夫されていて独特の世界観で、特に音楽が物語にとても合っていて良かったです。ただ、私としてはストーリーや人物設定に理解できない部分があり、感情移入もできず、物語に深くは入り込めませんでした。それでも悲劇で終わるしかない展開はやはり辛かったし、見終わって余韻の残るドラマでした。

f:id:kodemarix:20220416180614j:plain

画像:bcy.net

李承鄞(り・しょうぎん)、顧小五(こ・しょうご)役=陳星旭(チェン・シンシュー)
曲小楓(きょく・しょうふう)役=彭小苒(ポン・シャオラン)
顧剣(こ・けん)役=魏千翔(ウェイ・チェンシャン)
李承鄴(り・しょうぎょう)役=王傳一(ワン・チュアンイー)

4つの国が覇権を争いながらも、政略結婚によって均衡を保っていた時代。西州の王女・曲小楓にも豊朝の皇太子との縁談が持ち上がる。豊朝では廃太子となった李承稷(り・しょうしょく)が和親使節として西州へ向かうが、途中何者かに襲われ命を落とす。同行していた第5皇子の李承鄞も傷を負い一人砂漠をさまよっていた。偶然居合わせた小楓は李承鄞を助け、2人は恋に落ちる。しかし李承鄞の裏切りを知った小楓は全てを忘れるという忘川に身を投げ・・。

東宮~永遠の記憶に眠る愛~ | ドラマ | BS11(イレブン)|全番組が無料放送

以下ネタバレあります。

悲しい物語のドラマはたくさんありますが、このドラマはどうにもならない無力感さえ感じる悲劇でした。運命の愛を描きながら、愛の力を以ってしても運命には抗えないということ描きたかったのでしょうか。それとも全てを忘れる事となっても愛だけはまだ心に残るということを描きたかったのでしょうか。

原作は人気女流作家・匪我思存(フェイウォスツゥン=ペンネーム)の同名小説。これまで多くの作品がテレビドラマ化されヒットしているそうです。全体を通して少女漫画のような感じも受けました。

 

一番印象に残っているのは序章部分の顧小五(実は李承鄞)と小楓の恋、幸せそうな2人の物語です。砂漠や草原の素晴らしい風景も含めてとても心に残りました。

この純粋に愛し合い幸せな2人を知っているからこそ、その後の展開、そしてドラマの最後を見届ける私達は「なぜこんな事に」と辛くなるのでしょう。

小楓を演じた彭小苒(ポン・シャオラン)の笑顔の可愛らしさ、透明感のある美しさが余計に切なさを呼びます。

でも、私は小楓を好きにはなれませんでした。顧剣(こ・けん)との関わり方も含めて小楓が最初から最後まで勝手気まま見えたからです。そして最後に自分の立場や思慮の足りなさに気づいたようですが、遅すぎましたね。

李承鄞は二面性を持った人物です。純粋で優しく勇敢な若者である反面、自己中心的で冷酷です。原作ではもっと冷酷な男のようです。どう言い訳しても愛する人の気持ちを利用したり、騙すなんてことは誰もが受け入れ難いでしょう。国のため、一族の復讐のためという大きな使命があったとしてもです。

最後まで彼の二面性に馴染めませんでした。彼は自分の残酷さに気づいていたのでしょうか?全くの悪でもなく、なにか中途半端な気もしました。そんな李承鄞は腹立たしく、やはり好きになれませんでした。

 

2人にとっては運命の愛ですが、同時に絶対に結ぶことのできない愛でした。結果、悲劇に終わりました。

ただ、私は泣けませんでした。物語に入り込めなかったからだと思います。それぞれのキャラクターの人間性がはっきりと掴めませんでした。

最後まで見終えましたが、私には序章部分と最後が全てのドラマでした。

それでも、もう一度見たらもっと深く理解できるかな?と思わせて、中毒性を感じるドラマでもあります。

画像:y.qichejiashi.com

王傳一(ワン・チュアンイー)1980年5月5日生 台北市 180cm

私は王傳一さんが見たさに「東宮」を視聴しました。日本では「ハジメちゃん」という愛称でしられる台湾の俳優、歌手です。台湾ドラマ「スクール・ロワイアル〜極道學園〜」でディーン・フジオカさんと共演しています。渋い声が好きです。

このドラマでは第2皇子(悪役)で俳優としての貫禄も感じられて楽しみに見ていましたが、割と早い段階で出番がなくなり残念でした。こういうニヒルな役も似合うなと思いました。

ドラマ「東宮」で私が唯一好きだったキャラクターは李承鄞の側近の裴照でした。

画像:百度

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

では、また。