年賀状をもらう嬉しさ

そろそろ年賀状を書く時期になりました。毎年元旦に届くように準備をします。最近は手軽なSNSでのご挨拶も増えているようですが、私は年賀はがき派です。

12月の初めに年賀はがきを買いに行きます。実はプリンタが故障してから自分で印刷して年賀状を作るという事を止めました。プリンタがないので、致し方なく今は印刷されている年賀はがきを買いに行きます。干支のものやお正月ならではのイラストの物を選びます。お友達には可愛いくてカラフルなイラスト、親戚には落ち着いたデザイン。

年賀状は挨拶のほかに添える一言に時間を使います。相手の事を思い浮かべながら言葉を選ぶこの瞬間は結構楽しい。そして相手の住所、名前を書く時も自然と心を込めて書きます。

もちろんSNSの年賀状にも気持ちは込められているでしょう。相手に文字を送る、言葉を贈るというのはそういう事だと思います。それでもあえて年賀はがきにするのは私が年賀はがきが欲しいからです。お正月にポストに届く年賀状はうれしい。わざわざ私のために時間を使い、名前を書いてくれたのだから。私を思ってくれたのだから。一年にこの一回だけかもしれないけれど、きっと私の事を思い出して書いてくれたはず。感謝しながら楽しく見ます。

だからこの日本の習慣は無くならないで欲しいと思うのです。