私の知らない・・

「お父さん、〇〇が好きだったよね」「え!?ほんと?」
「お母さんに〇〇して褒められたことある」「そんな事あったんだ」

妹と亡くなった父や母の思い出話をするのが好き。

妹の知っている父母は私の知らない父母であることも多いから。それは少し不思議な感じでもある。

長く一緒に暮らしていてもすべて知っているわけではないのだなと寂しい気持ちにもなる。

父母の近くにいた人たちから、父母のことを聞くのは嬉しいし、楽しい事だ。

でもまた自分というもの、人間一人の限界も感じてしまう。