2009年 DEAN's Special  1/3

2009-01-10の記事 

1月5日の「アジアン!プラス」Feature Plusのコーナーで放送された「DEAN's Special」、来週からBBQRPodcastの「アジアンパラダイス」で再度放送してくれるそうですが、DEAN(ディーン・フジオカ)との約束で歌はカットでトークのみとなるようです。

来週になれば皆様にもまたDEANのトークを聴いていただけるのですが、いつものように文字にしてみます。
なるべくDEANの話し方、彼らしさを壊さないようにしましたが、文字にするにあたり重複している言葉を削ったり、話の区切りをつけてわかりやすく整理をしています。かなりまとめてしまった部分もありますので、その点ご了承下さい。そして放送時間は40分とかなり長いものだったので、3回に分けることにしました。
それでは①です。

「DEAN's Special」

皆さん、こんにちは。新年明けましておめでとうございます。DEAN藤岡です。ご無沙汰しております。「TatsunamiRadio」以来こうやってね、マイクに向かって話するっていうのは・・・ま、インタビューとかとは別として自分でこうやって一人で(笑)自分の声をですね、録音してるって言うのはなんかねぇ、改めて懐かしい感じですね。
ま、ご無沙汰しておりました。え~2008年が終わって、2009年が始まっている頃だと思いますが、お正月いかがお過ごし・・で・・しょうか!(笑)

僕はその~、お正月って言うとすごく日本のイメージがあって、小学生くらいの時・・・お正月って言葉が一番・・・福島生まれの僕は冬休み、夏休みに福島に戻って、(冬は)雪の中で遊んだりした覚えがあります。
本日この番組の特集企画として、2008年を振り返りながら、今年2009年についての抱負を語る時間をいただきました。普段から自分が考えたり、感じたりしたことを自由に話しても良いというありがたい企画をいただいて、皆様に感謝です。
実は、ここ何ヶ月間か、サイトのほうも更新ができていなかった状態なんですよね。で、一体どこで何をやっているんだという、そんな声もたくさんいただいておりました。ウェブのほうはつい何日か前に香港のalivenotdeadのサイトを更新して自分の近況をアップしてたんですけど、まぁ、こうやってね、この番組で自分の口から皆様に直接報告させていただけるという機会をいただいたので、今回いろいろなエピソードを織り交ぜて話をしていきたいなと思います。先にイントロダクションというか・・・2008年は僕にとっては自分の人生観が変わるような出来事がいくつかあって、まぁ、すごく単純なことに気づいて単純になれるようになったっていう感じですね(笑)
まぁ、どうして自分は今こういうね、仕事をしているのか・・・いわゆるエンターテイメントであり、俳優という・・・そういう仕事のコンセプトというかキャリアの方針が変わったというか・・・。仕事だけじゃなくてホントに1人の人としてどうあるべきか、そういうことを考えさせられることがすごく多かった。今までもまぁ、自分の目標を持って活動してきたわけなんですが、さらに今後も活動を続けていく上で今まで目指していたものの更にもう一歩先が見えたというかね。具体的な話は後ほど。なんかすでにご存知の方もいらっしゃるようですが、現在ですね、僕の1stアルバムリリースに向けて音楽制作真っ最中なわけですよ。それで今回の番組でこの展開も含めて、今作っている音楽の中から完成に近い形の出来立てホヤホヤの3曲を今回かけたいなと思っていますので、最後まで楽しんで聞いてもらえたら嬉しいです。

早速なんですが、ここで1曲め「Sweet Talk」を聞いてください。