ふくみみdiary

   余生を一緒に楽しく

中国ドラマ「玉楼春~君に詠むロマンス~」感想〜家族を守った女策士?少春あっぱれ!

 

「玉楼春~君に詠むロマンス~」  玉楼春 2021年 优酷

★★★★★

ひたすら切ない恋物語と思いきやそうではなく家族の物語です。

悲しみも憂いも、笑いも喜びも、家族の絆、復讐そしてロマンスも入って、喜怒哀楽が味わえる楽しい人間ドラマでした。

次々に新しい物語展開で飽きることなく、笑える場面もあって楽しく見ました。

登場人物は多いのですが、家族の物語としてみればわかりやすくあまり混乱はありませんでした。

登場人物それぞれに人間味を感じたし、感情移入もしやすかったです。一人ひとりの個性がはっきりと描かれているので印象に残ります。

キャストがものすごく良かったです。若手もベテランも充実していて、配役がピッタリ、魅力的な俳優ばかりでした。

後半に「明蘭」で男主角・顧廷燁(こ・ていよう)の子供時代を演じた边天扬(邊天揚、ビィン・ティンヤン)の姿が見られてボーナスをもらったような嬉しさでした。

最初から最後まで面白かったです。

画像:movie.douban.com

林少春(りん・しょうしゅん)=白鹿(バイ・ルー)
孫玉楼(そん・ぎょくろう)=王一哲(ワン・イージョー)
孫世傑(そん・せいけつ)=赫雷(ホー・レイ)
呉月紅(ご・げっこう)=辣目洋子(ラームーヤンズ)/リー・ジアチー
許鳳翘(きょ・ほうぎょう)=金晨(ジン・チェン)
孫俊豪(そん・しゅんごう)=周陸啦(チョウ・ルーラ)
姚滴珠(よう・てきしゅ)=鄭湫泓(ジェイド・チェン)
梁京冠(りょう・けいかん)=王茂蕾(ワン・マオレイ)

高官だった父が不正の罪で断罪され滅びてしまった林家の娘・少春。父の無実を信じ、いつか仇を討つと心に誓っていた。まずは完璧に男になりすまし科挙試験を受けるためあらゆる技芸を学んでいた。

ある日少春は自分の芸の実力を試すため、孫家の宴席に忍び込み琵琶を披露する。その姿を見た孫家の四男・玉楼は彼女に一目惚れして猛アタック。「好きになってはいけないのか?」という玉楼の問いに、少春は成し遂げなければならない事があると彼を遠ざけた。しかし、一途な玉楼の思いにいつしか少春の心も揺れて・・。

いよいよ科挙試験当日、男装して会場に向かった少春だったが、最初に身体検査があると知り試験を諦めざるを得ず別の道を模索する。

そして科挙に合格し官職を得た玉楼を頼ろうとしたが、彼を危険な目になわせたくない少春は後宮入りを決意し秀女選びに参加したが。

中国ドラマ「玉楼春~君に詠むロマンス~」 | 中国・アジアドラマ | BS無料放送ならBS12(トゥエルビ)

以下ネタバレあります。

物語は玉楼と少春の恋物語から始まります。身分違いで上手くいかないもどかしい恋、結ばれるまでの物語と思っていましたが違いました。

彼女が嫁いでからの孫家の話が主な内容です。次から次へと孫家を襲う危機を少春が上手に解決し、家族を盤石なものにしていくという物語です。

物語の根底には孫家を敵対視する者との攻防があり、最後まで緊張もありました。

少春が知恵や決断力、感の良さをフル回転させて孫家を守るために奮闘する姿は頼もしかったし、敵をギャフンと言わせてくれるのは痛快でした。少春がいなければ大変なことになっていたと思うと、彼女は孫家の宝と言ってもいいと思います。

始めは少春を疎ましく思っていた兄嫁たちもいつしか彼女を信頼し、いざというときは頼る姿も面白く見ました。孫家の男性はお父さんはともかく、皆頼りなかったです。それでも次男なら・・と思ってもいつも家にいませんから。

玉楼の父、母も魅力ある人でした。少春には感謝も言い、恩人とも言ってました。誠実で立派な人達だったと思います。

実は様々な人が絡み合って繋がっているようなところもよく出来た物語でした。若かりし頃のお父さんのエピソードも良かったし、孫家の次女・有徳が迎えた結末も良かった。

たくさんの危機があったし辛いこともあったけれど、結局はハートウォーミングなドラマだったという印象です。

ただ、ラストはちょっと懲り過ぎではないかなと思いました。どうなっちゃうの?とハラハラさせられた大団円で、事の次第が私にはよく分からなかったです。

大どんでん返しなのですが、計画を知らない家族にはあんまりですよね。いくら政治のためとは言え、あそこまで徹底する必要があったの?お父さん・・。それも長男の子供があんなに大きくなるまでですから、とんでもないです。

恋あり、夫婦の問題あり、政治的権力争いありと盛りだくさんの内容ですが、肩肘張らず見ることができ後味も良い作品でした。

それでは孫家のカップルを見てみましょう。

玉楼(四男)&少春 
画像:sohu.com

玉楼が最初から最後までとっても可愛かったです。子供っぽい甘えん坊的なところが魅力です。大きな袖をはためかせて走る姿も、少春の心の内が分からず不安そうな顔も可愛かった。尻に敷かれていたわけではないけれど、少春の手のひらの上でコロコロと転がされているようなところもありました。

玉楼を演じたワン・イージョーがすごく良かったです。玉楼の天真爛漫さもお坊っちゃまなところもよく出てました。この役は彼しかいないと思わせてくれました。

少春はこんなに完璧な女性がいるかしら?と思うような人。美しく、頭も切れて危機意識も高い。孫家にとっては女神です。

二人の距離感がとても良くて、仲の良い姿には自然と心が温まりました。

世傑(長男)&月紅 
画像:zihu.com

月紅のキャラがとても愛らしい。演じた辣目洋子(ラームーヤンズ)がドンピシャでした。内モンゴル出身のコメディ女優で豊かな表情が魅力です。お肌がツルツルで・・見とれました。このキャラあっての「玉楼春」です。現在は本名の李嘉琦(リー・ジアチー)で活動をしています。

世傑はこれまたお坊っちゃまで世間を知らない。たちの悪い女狐にたぶらかされて危機一髪。でも月紅に無視されると変な気持ちに・・その気持がなんだかわからないという所が笑えました。難しい本ばかり読んで育ったのかな。純粋な人という印象でした。

金閣(次男)&鳳翘 
画像:sohu.com

無職なのに借金までして遊んでいる金閣を捨てるでもなく、鳳翘って偉いなぁと思っていました。彼女は外見は精一杯カッコつけてたけど、やっぱり肩身の狭い思いをしてたようですね。

金閣には隠れた才能があって、これもどんでん返しでした。子供時代の金閣を見るとそのまま大人になっていて笑えました。

この夫婦も喧嘩ばかりだけれど一つの夫婦の形、結局はお互いがお互いを必要として深く結びついている様子でした。

 俊豪(次男)&滴珠 
画像:163.com

俊豪は将軍で国境を守るために家にはいない。最初の妻・映雪は俊豪について行っていたら違う人生だったろうと思うと気の毒でした。

朴訥とした俊豪と竹を割ったような性格の滴珠、この二人の恋物語はなにげに長いんですね。もしかしたら長すぎると感じる人もいるかもしれません。

でも私は途中から登場する谷野がすごく良かったので、この二人の物語も大好きです。演じたビィン・ティンヤンの演技力は子役時代から定評がありましたが、素晴らしい青年に成長していて今後も楽しみな役者です。子供の頃の面影が残っていてすぐにわかりますね。

 

振り返るとやはりほのぼのとした温かいドラマだったなと思います。色々な夫婦の形、男女の関係を描いていて飽きずに面白く見ました。

玉楼の目は確かだった、とにかく少春があっぱれでした。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。
では、また。