ふくみみdiary

   余生を一緒に楽しく

うっかり小松菜を冷凍しちゃいました。

今日は午前中雨でした。まとまった雨で私は嬉しかったです。
でも気温は低いですね。今も寒くてストーブをつけています。

昨日と打って変わって急に寒くなったので、皆様も体調管理に気をつけてください。

 

さて、後回しになっていた眼医者に行きました。

処方してもらう目薬は正直なくても大丈夫な気もするし、2ヶ月に一度通うのもどうしようかなと思ったりもするのですが、白内障の手術もしたことだしお守り代わりに通っています。

12月に入ると慌ただしいので今月中に行きたいと思っていました。

しか〜し!なんと今日から臨時休業。入口に一週間お休みという張り紙がありました。

力が抜けました。ホームページを確認すればよかったのですが、そんな事毎回しないですから。

仕方なく帰って来ましたが、散歩をしたと思えばいいですね。

家に戻ってお昼の支度をするのに、確かまだ小松菜が残っていたはずと思い野菜室を開けたけれど見当たらない。あれ?使い切っちゃったんだっけ?いや、確か残っていたはず・・。

まさかと思って冷凍庫を開けたら入ってました。

やらかした・・と反省しつつネットで調べてみたら、むしろ鮮度を長持ちさせるために生のままの冷凍が便利と紹介されていました。ほぉ〜、メリットがたくさん。

  • 下処理せずにそのまま冷凍
  • 栄養価を逃さない
  • そのまま料理に使える

凍ったままスープや炒めものなどに使えるのでむしろ便利だそうです。

本来は一度水洗いした後水気を拭き取り、適当な長さにカットして冷凍用の保存袋に入れて冷凍するのが良いようです。

私はそのまま冷凍してしまったので長いままの小松菜ですが、凍っていると手でポキポキ折れるので便利でした。(^^) 葉の部分は下手すると粉々になりそうでしたが。

洗わず冷凍してしまったので今回はお湯で解凍し、おひたしにしました。
洗って冷凍しておけばレンジでチンでもいいですが、自然解凍でもOKということでした。

そう言えば、以前「空芯菜」をたくさんもらったことがあって、冷凍したなぁと思い出しました。なんだかそんなことも忘れてしまってました。

今は冷凍ほうれん草もありますから、葉物も冷凍OKなんですね。

ちょっと怪我の功名的経験でした。

 

そしてお昼はどうしてもカレーが食べたかったので、レトルトカレーを買いました。

何年か前からカレーはレトルトになりました。それまではルーから自分で作って余ったら冷凍というお決まりのやり方をしていました。

でもそんなに頻繁に食べるわけではないので、冷凍をしておいても長いことそのままということが多かったんです。それに同じ味は飽きる。

レトルトカレーも今では種類が豊富でよりどりみどり、楽しいです。

私はS&Bの「神田カレーグランプリシリーズ」が好きです。

今回はその中から「御茶ノ水大勝軒の復刻版カレー」を選びました。

具がゴロゴロと思いの外たくさん入っていて、それほど辛くない昔懐かしい味。特にジャガイモがしっかりと感じられてうれしい。

私が子供の頃食べていたのはこういうカレーだったなと感慨深かったです。昭和の味ですね。本当に懐かしい味でした。

でも、スパイシーで刺激の強いカレーが好きな人にはちょっと物足りないかもしれないです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

暖かくしてお過ごしください。
では、また。