ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

中国ドラマ「慶余年~麒麟児、現る~」感想〜洗練されたエンターテイメント時代劇

「慶余年~麒麟児、現る~」 原題:慶余年(庆余年) 2019年 愛奇芸、騰訊視頻

★★★★★+

最初から最後まで面白く見ました。登場人物が多く関係性が複雑、また後半はストーリーも複雑さが増してうっかりするとついて行けなくなりました。前半はロマンスもありますが、後半はその影もなく畳み込むように謎に迫る展開でスピード感もあり見応え十分です。キャストは申し分なく、また衣装や音楽もセンスがあって完成度の高い作品でした。たくさんの賞を取ったドラマでしたので期待を持って見ましたが、裏切られることはありませんでした。ミステリー、アクション、愛、コメディ、音楽、ファッションなどあらゆる要素をもったエンターテイメントドラマです。

画像:szjqz.net

范閑(ファン・シエン)役=張若昀(チャン・ルオユン)
林婉児(リン・ワンアル)=李沁(リー・チン)
慶帝=陳道明(チェン・ダオミン)
范若若(ファン・ルオルオ)=宋軼(ソン・イー)
言氷雲(イェン・ビンユン)=肖戦(シャオ・ジャン) 

大学生の張慶は教授に自分の研究を理解してもらうために「慶余年」という小説を書く。その物語の主人公は難病を患う范閑(ファン・シエン)、現代の記憶を持ったまま乱世の時代に赤ん坊となって生まれ変わった。范閑は祖母とともに小さな町で暮らし、師匠達に武道や医術を叩き込まれて成長する。青年となり亡くなった母の秘密を探るため都へ赴くが、都では皇位争い、権力闘争、陰謀が渦巻いていた。平穏な暮らしを望んでいた范閑だが、図らずも陰謀に巻き込まれていく。しかし、現代の知識を駆使し、知恵を使って乗り切りいつしか一目置かれる存在に。

慶余年~麒麟児、現る~ | ドラマ | BS11(イレブン)|全番組が無料放送

以下ネタバレあります。

若手の人気俳優もベテラン勢も素晴らしく中国の俳優層の厚さを改めて感じるドラマでした。出演者皆それぞれ本当に素晴らしいです。 

登場人物も丁寧に描かれている作品なので感情移入しやすく、一人ひとりがしっかりと印象に残ります。

特に張若昀(チャン・ルオユン)が主人公・范閑のキャラにピッタリで最高に良かったです。張若昀は凄い二枚目というわけではないと思うのですが、どんなイケメンも曇らせてしまう魅力があります。演技力の高さとか人物理解の深さというようなことでは説明出来ない何かを持っている俳優だと思います。この人だからこそ面白いと思わせてくれるところも凄いです。いたずらっ子のような少年ぽさが可愛いです。

女優陣も美人揃いでドラマに華やかさを添えています。

画像:百度

私は范閑の妹・范若若が賢く冷静さも勇気もあって好きでした。演じた宋軼(ソン・イー)さんが生き生きとハツラツとした范若若を描いてくれました。

それぞれのキャラクターが際立っていました。慶帝も皇帝でありながら、だらしのない格好で、でもそれが怪しげに見えると同時に人間味を感じさせたりと不思議な魅力に溢れていました。

少ししか登場しない人物もとても魅力的に映りました。

一人ひとり語ると切りがないので・・。

 

さて、物語は小説の中という設定です。范閑は現代人の知識も持っているので、周りの人々を感嘆させたり困惑させたり、難題も簡単に解決したり、クスッと笑える部分も多くあります。そのため争いごとが耐えない時代劇ではありますが、あまり肩肘張らず楽しく見ることが出来ました。

前半では彼が持っている古典文学の知識が危機を乗り切る切り札にもなっていて、漢詩に精通している人や中国文学を愛する人であれば更に興味深く見られるドラマだと思いました。私ももう一度漢詩を勉強したくなりました。

物語の舞台は架空の時代のようですが、范閑の詠んだ詩は実は李白白居易などの詩なので文字で後世に残ってしまったらどうなるんだろうと余計な心配をしたり・・そういうところも面白かったです。

前半は范閑と林婉児のロマンスもありますがそれほど色濃く感じません。そのためストーリー全体の軸がブレることなく、そういう点も好印象でした。

范閑の出生の秘密が明らかになるシーンは興奮したし、神廟のSFチックな部分も違和感なく見ました。アクションシーンもカッコよかった。

最後の最後はえ!こんな終わり方?と衝撃を受けましたが、これがまた視聴者の心を更に鷲掴みにしましたね。まだご覧になっていない方は予習することなく最後を楽しみにして下さい。

続編があるそうなので、見られる日が待ち遠しいです。
見ないわけにはいかないですから。

その前にもう一度このシーズン1を見直して、細部を逃さずこの物語を深く理解しておきたいです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

では、また。