ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

キッチンのベテラン選手〜ゆで卵切り器

我が家のキッチンには母が使っていた道具がたくさん残っています。断捨離と言いながらキッチンにある大きめの道具にはまだ手を付けてないのです。

私は母のように料理上手ではないので、もう使わず長年棚に入ったまま。
勿体ないなぁと思うけれど、使う機会もないし、使える技量もない・・。

木製の寿司桶(酢を合わせるときに使う)とか大きな蒸し器とか中華包丁、すり鉢、重箱。

手に取ることもないですし目にする機会もほとんどないので気にもならず、ずっと入れっぱなしです。

でも、母から引き継いだ古い調理道具でも便利に使っている物もあります。

一番よく使っているのは、ゆで卵切り器。今はおしゃれにエッグスライサーとかエッグカッターとか言うのですね。(^_^;)

とにかくこの道具は長寿です。
私が子供の頃から使っているので、すでに50年以上使い続けていると思われます。

ステンレス製だから錆びないし、壊れないし、切れ味も変わらない。

カットする線はピアノ線と聞いたことがあり、母からは怪我しないようにとよく注意をされました。細い線だから子供には危ないかもしれないですね。

なにしろ、ゆで卵がきれいにスパッと輪切りに出来るのがスゴイ。切るのが楽しくて妹と取り合いでした。私がやる〜ってね。

こういう昭和チックな道具ですから、今でも売っているのかなと調べたらありますね。(^^)

Amazon|和平フレイズ 調理器具 エッグスライサー 玉子切り 味道 ステンレス 日本製 AD-266|ゼリー型 オンライン通販

私が使っているものと同じかどうかはわかりませんが、相変わらず人気のようです。
それに安い!コスパ良いどころではありません。

この先も変わらず使えそう、あと50年大丈夫そうです。

ゆで卵は横に置いても縦に置いても転がらずに切れるようになっているので便利。
殿堂入りの調理器具の一つではないかなと思っています。

ゆで卵はナイフで切ろうと思っても、こんなに上手に薄くは切れないでしょ。
よくぞ作ってくださったと言いたい!

エッグスライサーは調理器具の一種。ドイツの発明家ウィリーアーベル(英語版)によって、20世紀初頭に発明された。(Wikipedia)

 

我が家のゆで卵切り器にはこれからもまだまだ現役で頑張ってもらいます。
こういうシンプルなものが結局は長生きですね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

無理しないでくださいね。
では、また。