ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

韓国ドラマ「カイロス~運命を変える1分~」感想〜時空を超えて行き着く衝撃の真実

カイロス~運命を変える1分~」  原題:카이로스 2020年 MBC

★★★★☆

過去との通信、過去を変えるというテーマのドラマは以前にもあり、またかという思いで見ました。でも恋愛色はほとんどない中、危機一髪という展開が次から次へと続いて目が離せなくなりました。だんだんと真実に迫っていく過程も違和感なく、よく出来たストーリーだと思います。見るものを混乱させるような配役もあり、緊張感もスピード感もあり面白い作品でした。

f:id:kodemarix:20220303100057j:plain

画像:MBC

キム・ソジン(シン・ソンロク)=ユジュン建設理事
ハン・エリ(イ・セヨン)=アルバイトをしながら重病の母を支える
ソ・ドユン(アン・ボヒョン)=ソジンが信頼する部下、課長
ユ・ソイル(シン・グ)=ユジュン建設会長
カン・ヒョンチェ(ナム・ギュリ)=ソジンの妻、バイオリニスト

ユジュン建設理事のキム・ソジンは娘ダビンを誘拐され手がかりのないまま苦悩の日々を過ごしていた。そしてさらに妻が自殺をしてしまう。一方ハン・エリは紛失した携帯を探すため、母の携帯から電話をすると応答したのは誘拐犯からの電話を待っていたソジンだった。ソジンから送られたダビン行方不明のチラシをみたエリはダビンを見たとソジンに伝え会う約束をする。しかしお互いに約束の時間、約束の場所に行ったにも関わらず会うことが出来なかった。ソジンはエリとの間に1ヶ月の時間のズレがある事に気づき、妻と娘を救うため過去を変えようとエリに助けを求める。ただ、二人の電話が繋がるのは午後10時33分からの1分間だけ。

カイロス~運命を変える1分~ - BSフジ

以下ネタバレあります。

f:id:kodemarix:20220303105956j:plain

緊迫した展開が続くので先が気になり最後まで面白く見ることが出来ました。1ヶ月のズレ、1分間しか繋がれないという設定がかなりの緊迫感を呼んでいたのだと思います。

何度も危機的状況が続く展開なので、なんでもない場面もドキドキしたりしました。

ただ同じような事件が続くので多少の中だるみも感じ、もう少しコンパクトに終えていたらもっとスッキリとして良かったのではと思います。

最後悪の根を絶つための計画には「なるほど」と感心し、うまくいくようにと願いました。この悪の根の言う論理がもうメチャクチャなんですが、結局はソジンとエリの計画に嵌ってしまったところに多少の人間味を感じました。こういう人間はずっと反省はないのだろうなと思い、見かけではわからない人間の怖さも感じました。

ドラマは配役によって先を予想させてしまう事がありますが、それを逆手に取ったようなところも感じられて、全てにおいてよく考えられた作品でした。

私はベビーシッターも怪しいと思いましたが、ただのいい加減なシッターでした。(笑)

また、頻繁に過去と現在が描かれるので私は少し混乱しました。1ヶ月のズレなのでヘアースタイルが違うわけでもなく、見た目ではわかりにくいです。画面に日付のカウントが出るのでそれを注意しつつ見ていれば良いだけなのですが。

最後は穏やかな幸せな場面で終わりますが、過去に放たれた光が今届くという「月は1秒前、太陽は8分前」というのがロマンチック過ぎて、このドラマに少し不似合いな気がしました。

でも未来へ繋がる今を大切にするというメッセージだと思うと、良いドラマだったなと振り返ることが出来ました。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

三寒四温、まだ体調管理に気をつけてください。
では、また。