ふくみみdiary

   余生を一緒に楽しく

中国ドラマ「雲間の月は輝きて〜運命の恋人〜」感想~美男美女の競演を楽しもう

「雲間の月は輝きて〜運命の恋人〜」 皎若雲間月 2021年 优酷

★★★☆☆

現代からタイムスリップしての古装劇はすでにありふれた設定、ヒロインが小説家というのもよくある設定です。

それでも美男美女の競演で最後まで飽きずに見ました。古装劇らしいしっとり感もあってキレイな作品という印象でした。

でも…

出だしはヒロインの傍若無人な振る舞いが嫌で、まぁ魂は現代人だからということを差し引いても好きにはなれませんでした。どちらかというと雰囲気のあるドラマだろうと期待していたので戸惑いました。

そして物語の展開が急すぎるのでなんとなくブツ切り的な印象、加えて何もかも詰め込み過ぎの印象もありちょっと脚本に難ありなのかなと感じました。

帝位を争うお家騒動とロマンスで物語は進みますが、登場人物が多くて人間関係がこじれにこじれて少しわかりにくい。そのため集中するのが難しく、感情移入もあまり出来ませんでした。

画像:百度百科

李蕓 (り・うん)・雲浅月 (うん・せんげつ)=張芷溪(チャン・ジーシー)
穆小七 (ぼく・しょうしち)・容景 (よう・けい)=佟夢実(トン・モンシー)
夜軽染 (や・けいせん)=向昊(シアン・ハオ)
夜天逸(や・てんいつ)=王皓禎(ワン・ハオジェン)
南凌睿(なん・りょうえい)=李岱昆(リー・ダイクン)

人気ネット作家の李蕓(り・うん)は御曹司の穆小七(ぼく・しょうしち)に拘束されてしまった。

彼は彼女の書く小説の内容通りに自分の身に災難が降りかかることに気づき、小説の削除と執筆中止を強要してきた。李蕓が従わないとみると、無理やり小説を削除してしまった。

李蕓はその腹いせに「突然失踪し行方しれず」と書くと穆小七は本当に行方不明になってしまう。その事で追われる身となった李蕓は逃げる途中で倒れ意識を失う。

李蕓が目覚めるとそこは「天聖帝都」という架空の王朝、そして自分は郡主・雲浅月になっていた。雲浅月は雲家の跡取り娘だがすこぶる評判が悪い。そして今は妓楼の放火事件の犯人として追われていた。

しかし、この事件をきっかけに穆小七にそっくりな容景に出会う。容景は文武両道で医術にも精通する人物だったが、病を持ち体が弱く「弱美人」とあだ名されていた。

雲浅月は放火事件の真犯人を捕まえるために容景に協力を頼んだ矢先、何者かに毒矢で射られてしまい生死の境を彷徨うことに・・。

中国ドラマ「雲間の月は輝きて ~運命の恋人~」 | 中国・アジアドラマ | BS無料放送ならBS12(トゥエルビ)

以下ネタバレあります。

過去の時代へのタイムスリップ物なので、現代知識や考え方が入っての展開で面白くなるのかと思いましたが、そうでもなく普通のラブ史劇という感じに出来上がっていました。(オムライスは出てきましたが)

全体を通して色々な要素がありすぎて少し散漫になった印象、もう少し削ってスッキリさせたらわかりやすくなって良かったような気がします。

容景 (よう・けい)は薄幸の代名詞的な寒毒を患っているのですが、これもちょっとわざとらしかったような・・。

始めは雲浅月 (うん・せんげつ)にやけに冷たかったのに、突然降参したかのようにラブラブで、またそれが予想以上に甘ったるい。(笑)このような振り幅の大きさにも驚かされました。

でもこの短かったけれど幸せな二人を見るのは楽しかったし、私も幸せな気分でした。なのに突然の容景の掌返し、極端です。極端過ぎて私の感情も追いつかない。(笑)

この二人のラブストーリーにはあまり心は揺さぶられることはなかったけれど、最後に浅月が現代に戻るくだりでは容景の思いがわかって少ししんみりしました。

容景にとっては愛する彼女が別の世界で生きていると信じることが救いだけれど、実際には死別とあまり変わらない状況なのが切なかったです。

浅月はどうやら積極的に現代に戻りたがっているんですよね。息子もいるんだし・・と私は少し不満でした。最後まで自分勝手に見えてしまって。

そんな中、容景の従者と浅月の侍女が結ばれたのはうれしかった。この二人がいれば浅月がいなくても容景と息子を守ってくれるだろうと少し安堵しました。

画像:sina.com.cn

雲浅月が現代に戻って終わりかなと思っていたら、最終回はほとんどがその後の現代での物語でした。雲浅月は李蕓 (り・うん)になっての展開です。穆小七と再び会うのですが、その後の展開がまたしてもスピードありすぎでした。(笑)

容景を演じた佟夢実(トン・モンシー)の古装がかっこよくて好きでしたが、穆小七になるとなんだかデレっとした感じで・・。

どうも穆小七 は容景の生まれ変わりというわけではないようだし、李蕓もそうですよね。だとすると「天聖帝都」での物語は本当に李蕓の夢だったのかしら?

でも李蕓は最後に容景と息子が見えたようでしたね。こういうところがちょっと混乱。と同時にそれでも穆小七にしなだれかかる李蕓がなんとなく気に入らない・・。

そう考えて、実は私は随分容景に肩入れしてたんだなと思いました。(^^♪

このドラマの原作は西子情の小説「纨绔世子妃」、ドラマの中では現代に戻ってきた李蕓が書いた小説になっています。

不満も多々ある作品でしたが、キャストも楽しめたしハッピーエンドと言える最後で後味は悪くなかったです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。
では、また。