ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

Google Chrome:画面が突然大きくなる〜慌てるけれど、実は直すのは簡単でした

ようやく首の湿疹が自分でも治ったと思えるようになりました。長かった・・薬剤師さんが教えてくれたように本当に3ヶ月かかりました。

結局原因は分からずじまいで、悲しいことに少し痕が残ってしまったのですが、まぁこのあたりでヨシとします。痕はだんだん時間とともになくなるのではと思っています。でも若い頃のように新陳代謝が上手くいってないだろうから・・。

 

f:id:kodemarix:20220227141927j:plain

普段からGooglechromeを利用しています。最近ブログ記事を書いていて慌てることがありました。

突然画面が大きくなってしまう現象です。慌てるとどんどん大きくなったりしてお手上げでした。

巨大になってしまうと更新ボタンが見つからなくなって記事の保存も難しく、どうしていいか分からず仕方なく閉じるということが何回かありました。

それまで書いていた記事が一瞬にして消えることになるので、ガックリです。保存はマメにするべきですね。

自分が気づかぬうちに何かしてしまっているのだろうとは思いましたが、心当たりもなく遅ればせながら調べてみました。

簡単なことでした。

「ctrlキー」を押しながらマウスホイールを回してしまう、あるいはタッチパッドを触ってしまうからだそうです。それで拡大、縮小ができるのです。

自分としてはそんなことしていないと思っていましたが・・。

今のPCが小型でキーボードもせせこましいので、何気に「ctrlキー」に触れてしまう機会が多いのかも。加えてあまり指を曲げずにキーボードを打つという私の癖のせいで手の平で「ctrlキー」やタッチパッドを触ってしまっているのかも。

webアドレスの右に虫眼鏡マークがあれば、+の時は拡大、−の時は縮小になっているのだそうです。

もとに戻すのもとても簡単でした。

虫眼鏡マークがあれば、それをクリックするとツールバーが表示されるので、リセットボタンをクリックすれば100%に戻ります。

あるいは「ctrlキー」+「0(ゼロ)」で100%に戻ります。

最初はPCが壊れたのか?とか、マウスが壊れた?と焦りましたが、そうではなくてホッとしました。

今考えると焦る必要もないくらいのことですが、突然起こることなのでびっくりしてオロオロしまいます。

そして、勝手に拡大されたと思っていましたが、私がそうしてしまったのだと判明しました。そもそも勝手に何かされるなんてことはないのでしょう。

無事に画面が急に大きくなる件は解決しました。

知らないことがまだまだ多いです。

つくづく初心者だなと思いました。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

冷静になってもう一度トライ。
では、また。