ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

中国ドラマ「贅婿(ぜいせい)~ムコ殿は天才策士」感想〜ハチャメチャコメディかと思いきや意外とシリアス

「贅婿(ぜいせい)~ムコ殿は天才策士」 原題:贅婿 2021年 爱奇艺

★★★★☆
ドラマ「慶余年」で姉弟役を演じた二人が夫婦として登場するコメディタッチの歴史劇。転生した主人公が現代の知識で難局を切り抜けるというのはすでにありきたりの設定ですが、商人の入婿に転生し現代的なビジネス手腕を思う存分発揮し、皆をあっと言わせる様子が痛快だったし単純に面白かったです。キャストもとても良かった。笑える場面、しんみりする場面、泣ける場面とストーリーも飽きないです。主人公の寧毅 (ニン・イー )はただの三枚目かと思ったら、だんだんカッコよく見えてくる不思議。肩肘張らずに見ることが出来る歴史劇です。


画像:百度

寧毅 (ニン・イー )=郭麒麟(グオ・チーリン)
蘇檀児 (スー・タンアル)=宋軼(ソン・イー)
耿直( ゴン・ジー)=王成思(ワン・チョンスー)
劉西瓜(リウ・シーグワ)=蔣依依(ジャン・イーイー)

友人に裏切られ襲われて意識を失ったハオチェン(チャン・ルオユン)は目を覚ますとそこは武王朝。布の商いをしている蘇家の娘タンアルの贅婿(婿養子) ニン・イーに生まれ変わっていた。家督相続争いの渦中のタンアルだが、ニン・イーの現代の知識や策略で様々な難題を切り抜けついに家督を継ぐ者として認められた。ニン・イー自身もその卓越したビジネス手腕で周りの信頼も得るようになる。次第に意識し心を通わわせるようになる二人だったが、実はタンアルが家督を相続した暁にはニン・イーは去るという契約を結んでいた。

贅婿[ぜいせい]~ムコ殿は天才策士~ | ドラマ | BS11(イレブン)|全番組が無料放送

以下ネタバレあります。

序盤は現代での商売のノウハウを使って店を繁盛させライバルを蹴落とす面白さの中に、夫婦の心が一つになるまでのロマンスも楽しく描かれていました。なかなか本心を口に出せずあれこれ策を練るタンアルが可愛かった。二人共奥手でしたね。

二人が新婚旅行へ出かけ、舞台が霖安に移ってからは少し退屈に感じました。取り巻くキャストの魅力も半減したような気がします。街が賊に占領されるという理由のわからない突然の展開が理解できませんでした。結局は大きな陰謀によるもので、終盤の展開へと繋がるのですが。

何故かニン・イーは賊のシーグワに好かれちゃって、彼女は彼を離してくれない。周りにいる男たちと違って都会的に見えたのかしら?

この辺りはタンアルが出てこないのでつまらなかったのか?だとするとタンアルを演じる宋軼(ソン・イー)の魅力は絶大という事。その後彼女が登場するようになると、やはりドラマが形を成すように感じました。もうすでに私の中ではタンアルとニン・イーは二人でひとつになっていました。

ニン・イーを演じる郭麒麟(グオ・チーリン)はイケメンとはいい難いですが魅力ある俳優だと感じました。彼は若手人気漫才師で、父親も中国の超大物漫才師だそうです。大袈裟ではない演技で好感が持てましたし、だんだんカッコよく見えてきます。

ちなみにタンアル役の宋軼(ソン・イー)さん、ニン・イー役の郭麒麟(グオ・チーリン)さんはご自身の声で演じています。

 

終盤は国の危機を救うニン・イーの活躍が見ものですが、コメディ色は弱くなってシリアスな展開でした。でもそれがドラマを引き締めて良かったと思います。

始めはただのコメディかと思っていましたが、しっかりと歴史ドラマになっているところが流石だと思いました。

そして最後があんな終わり方で・・これまた「慶余年」チック。

最初から最後まで飽きさせない、痛快で面白い作品でした。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

では、また。