ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

中国ドラマ「驪妃(りひ)-The Song of Glory-」感想〜魅力ある俳優たちで描く美しいラブ史劇

「驪妃(りひ)-The Song of Glory-」 原題:錦繍南歌 2020年 腾讯视频

★★★☆☆

南宋・文帝の弟彭城王(武帝の第四皇子)と驪歌の物語です。衣装やセットが優雅で趣があり素敵でした。キャスティングがとても良かったし、俳優さんの撮り方が上手いと感じました。ストーリーは時代劇ならではの権力争い、悪の集団の陰謀など月並みなものですが、それでもわかりやすく面白かったし、出演している俳優さんたちが皆とても魅力的でした。登場人物が多い割にあまり混乱なく見ることが出来ます。なかなか核心に届かないもどかしさや、同じことの繰り返しで少しイライラする場面もありますが、美男美女カップルの美しいドラマだったという印象です。


画像:yinyouqu.com

驪歌(りか)=李沁(リー・チン)
彭城王(ほうじょうおう)・劉義康(りゅう・ぎこう)=秦昊(チン・ハオ)
竟陵王(きょうりょうおう)・劉義宣(りゅう・ぎせん)=谷嘉誠(グー・ジアチェン)

南北朝時代南宋・文帝の時代、身よりもなく悪の集団・朱雀盟の刺客として育った驪歌(りか)は親の敵である彭城王の暗殺を実行するが失敗。仲間が殺され、追われる身となってしまった。しかし、驪歌を行方不明の娘だと信じた沈夫人は彼女を家に迎え入れることに。驪歌は沈家の嫡女になりすまし仲間の敵を討つために陸遠を探るうち、陸遠の横領の罪を追う男と出会う。2人はお互いの正体を知らぬまま次第に惹かれ合うが・・。

「驪妃(りひ)-The Song of Glory-」公式サイト | SPOエンタメ倶楽部

以下ネタバレあります。

彭城王(武帝の第四皇子)は実在の人物で、病弱な兄・文帝(第3代皇帝)の代わりに政治を仕切っていました。権勢を強め横暴を極める奸臣たちから国と民を守るために新政を敷き対抗しようとします。

彭城王を演じた秦昊(チン・ハオ)がすごく良かった。中国では実力派の俳優として知られています。始めはそれほどでもなかったのですが、段々気持ちを持っていかれました。落ち着いた雰囲気の、でもちょっとお茶目な彭城王を魅力的に演じていました。

驪歌(りか)の美しさは文句のつけようがなかったです。強くかっこいい女性でした。刺客として育てられたにしてはキレイな心の持ち主だなと思いました。

彭城王と驪歌はお互いに正体がわからないという時間が長すぎて少しイライラ。このときばかりは展開が遅すぎてリタイアしそうになりました。でも俳優さん達の魅力でなんとか見続けられました。

沈家の家族は皆良い人だと思うけれど、養女だった沈楽清には手のひらを返したような態度でちょっと酷いなと思いました。でもその後の沈楽清を見れば同情は出来ません。本当に最後までしぶとい女でした。

驪歌の父と兄の沈植が死んでしまった時は泣きましたぁ。一番辛いシーンだった。木訥とした沈植が好きでした。幸せになって欲しかったのに・・。

後半になるとなんとなく展開に納得いかないところもありました。それまで信頼し合っていたのに事実を確かめもせず憎悪をあらわにし敵対視するような兄弟の場面や、黒幕の悪事の理由が私的な恨みだったりとちょっとがっかりでした。

そして、なんといっても最後がはっきりしなくて。

BS11で視聴したのですが、最後は思いっきりカットされてたような?よそ見していたわけではないのですが、あれ?って・・。 再放送があれば、もう一度最終回を見て確認したいです。

そして私思わず、You Tubeで探してしまいました。

こちら

最後は見る人の解釈に委ねるということでしょうか?
キレイな終わり方と言えばそうかもしれませんが釈然としないのでスッキリ出来ませんでした。

私は悲しい最後だと思いました。驪歌の気持ちは痛いほどわかるので彼女らしい潔さだったと思います。でも、もしかしたら逃げた陳少巽が見つけて助けていたりするのかしら?

それより陳少巽と空城も捕まってしまったのかな?

その後の展開を自分なりに作れそうな最後でした。

国と民のための新政は彭城王の長年の目標であり、それが達成できたのは驪歌の支えや活躍もあったわけで、最後の場面は2人で成し遂げた偉業を心から喜びあうという彭城王の思いを描いたのだと思います。

晴れ晴れとした表情の彭城王が印象的でした。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

では、また。