ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

中国ドラマ「将軍の花嫁」感想〜最後の最後まで楽しいラブコメ時代劇

「将軍の花嫁」 原題:将軍家的小娘子 2020年 优酷(ヨウク)

★★★★★

最初から最後まで楽しく見ました。中国本土では無意味だとか内容がない、バカバカしいといった酷評もありましたが、私は単純にとても面白かった。確かに深い意味のあるストーリーではないですし、部分的に理解出来ない展開もあり、ところどころドタバタコメディっぽいところがうるさく感じることもありました。それでも様々な問題を乗り越えながら主人公の2人の愛情が深まっていく様子や過去の事件の真相、出自の秘密なども盛り込まれ飽きずに見られました。あ〜面白かった!で終われたドラマでした。

画像:weibo.com

沈錦(しん・きん)=湯敏(タン・ミン)
楚修明(そ・しゅうめい)=呉希沢(ウー・シーザー)
楚修遠(そ・しゅうえん)=曹峻祥(ツァオ・ジュンシアン)
肉肉(じくじく)=卢佳(ルー・ジア)

瑞王の三女・沈錦は母親の身分が低いため姉妹たちからも虐げられていたが、明るく活発な女性。ある日陛下から次女と楚修明の婚姻の命が届く。しかし楚修明は冷酷な鬼将軍として知られていた。次女が鬼将軍との婚姻を泣いて嫌がり、沈錦は母を守るために自分が次女だと偽り嫁ぐことに。嫁入りの一行は道中で鷹族に襲われ鬼将軍に助けられるが、沈錦と肉肉はその場に置き去りにされてしまい・・。

「将軍の花嫁」公式サイト | SPOエンタメ倶楽部

以下ネタバレあります。

軽い内容で肩も凝らず見られるドラマです。質とかストーリーの意味とか考えず見るべきドラマでしょう。

若者向けに作られたドラマということでした。とにかくキスシーンがやたらに多いです。沈錦と楚修明がお互いに気持ちを確認しあった後のラブラブ度がすごいです。楚修明が沈錦にメロメロなんです。そういう点でもこのドラマは時代劇ではあるけれど現代劇を見ているようでした。

沈錦は最初はわがままが過ぎて非常識なところも腹が立ちましたが、だんだん可愛いと思えるようになりました。彼女に振り回される楚修明もそうだったのかなと思います。

その他、肉肉の恋模様も可愛かったし、楚修遠の一途さも若者らしくて清々しかった。

キャストが新鮮で良かったです。ストーリーよりも俳優の魅力が光ったドラマだと感じました。

沈錦役の湯敏(タン・ミン)は上海SNH48の一期生。グループ卒業後に女優の仲間入りをしました。女優というよりまだアイドルっぽく見えましたが、可愛くキュートで魅力的でした。

楚修明役の呉希沢(ウー・シーザー)は「流星花園2018」のF4 の西門役で芸能界デビュー。今回は古装も似合っていたし、メイクでキリッとしてカッコよかったです。イケメンのヒーロー物のような感覚で見ていました。

ストーリーの中にはイジメや陰謀がないわけではないのですが、重くなくロマンスの中のスパイスとして見ることが出来るので、最初から最後まで楽しい印象のドラマでした。

最後もちょっとしたひねりを効かせていて、それがまた良かったです。

重っ苦しいドラマだけでなく合間にただただ面白かったで終われるドラマ、活力が湧き幸せになれるドラマは必要です。「将軍の花嫁」はそんなドラマでした。

画像:jutoula.com

呉希沢(ウー・シーザー)1996年10月19日生 広東省深圳市 186㎝
オーディションでF4西門役に選ばれデビューしブレイク。バラエティ番組などでも活躍し、歌手としてもシングルをリリースしてます。

结束了 - YouTube

背も抜群に高く魅力的な俳優です。私は古装のほうが好きかな。
今後の作品も楽しみです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

では、また。