ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

夏の庭にはいつも悩む

今日はどんよりの天気。洗濯物は部屋干しです。暑いのか寒いのかよくわからないこの感じがすごく嫌です。季節の変わり目、皆様も体調を崩されませんように。

 

今、庭にキレイに咲いているのはミニバラです。

今年は株もずいぶん大きくなって、花もたくさん咲きました。キレイなピンク色になるように栄養剤も与えています。

このミニバラは母が手に入れてから長いこと鉢植えでしたが2年前?に瀕死の状態にまでなって、ダメ元で直植えしたところ元気に育ってくれました。

植物の生命力にはいつも驚かされます。

そして梅の実が大きくなってきました。今年は風の強い日があったので、すでに半分くらい落ちてしまいました。収穫する気持ちはなかったのですがやはりちょっと悲しい気分になりました。これから熟すとまたボトボト落ちるので、罪悪感を感じつつ拾って捨てることになります。まぁ、仕方ないです。

昨年購入したあじさいのアナベル。初めてだったので剪定が不安でしたが、無事に葉も茂って大きくなって来たので、花が咲くのを楽しみにしているところです。

後はクラマチスの蕾がかなり大きくなってきたので、まもなく咲くかなぁと思ってます。大輪の花が咲くとお隣のおばあちゃんがいつも褒めてくれます。

この時期になると悩むのが鉢植えです。パンジーは流石にもう終わりなので、そろそろ夏のものに変えなくてはいけません。何にするか・・ペチュニアサフィニアインパチェンスニチニチソウでしょうか?

近くの小さな花屋ではあまり多くの花苗が揃うわけではないので、いつも決まりきったものになってしまうのが残念。

そろそろ出てきたペチュニア系は花は鮮やかで花色も豊富なので楽しいのですが、葉がベタベタするのが嫌で、いつもどうするか悩んでしまいます。

今年はやっぱりインパチェンスかなぁ・・。日陰でもOKであまり手がかからないので、好きな花色のものがあれば欲しいなと思います。

ただ、鉢植えでも夏場の世話は大変に感じるようになってきました。あまりに高温の日には直射日光を避けて日陰になるところに鉢を動かしたり、家の中に入れたりしています。そんなわけで鉢自体が重いとお手上げです。歳とともに面倒に思うことが多くなってきました。

夏場は雑草にも手を焼くのですが、以前一度だけ雑草取りを人にお願いしたことがあります。1万円ほどかかりました。抜いてくれるのだと思っていたのですが、上を切るだけだったのですぐにまた伸びてきてがっかりしたことがあります。

やはり地道に少しずつ自分で頑張らなければなりません。私は大丈夫な部分には薬を撒いて処理します。便利なものに助けられています。

母は80歳になっても庭の草取りをしていましたから、それを思えば私はサボってはいられないのです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

穏やかな一日を。
では、また。