ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

手作りビビンバのランチ〜楽しい昼食でした。

今日は午後からまた雨です。気温も昨日よりはかなり下がって、またセーターを着ています。なかなか冬物も仕舞えません。

 

久しぶりに妹宅でランチをご馳走になりました。今日は私も仕事が休みだと知って誘ってくれました。

今日のランチはビビンバで豆もやし、ほうれん草、えのきのナムルやキムチを自分でご飯の上に自由に乗せて食べます。豚肉、牛肉もありました。竹の子の味噌汁付き。

簡単だからよく作るそうですが、私にはビビンバを自分で作るという発想もなかったし、楽しかったです。

美味しくってご飯をおかわりしちゃいました。少し食べすぎました。😄

妹と話すのも久しぶりだったので、話題も尽きずあれこれおしゃべりしてきました。孫の話や仕事の話、お金の話や老後の心配などなど。

たくさんおしゃべりをして、なんだかスッキリしました。大袈裟に言うと生き返った感じ。やっぱり気のおけない人とおしゃべりするというのは話題がなんであれ心がリセットされて穏やな気持ちになっていくものですね。

リビングに韓国語の教科書がたくさんありました。妹は今韓国づいていてこれから1年間NHKテレビ講座で韓国語を勉強するそうです。テキストを1年間予約したとかで気合が入ってました。

長女(姪)がNetflixを契約したのをきっかけに、韓国ドラマを見始めて嵌っているそうで、そんなことが影響しているんでしょう。

まだ仕事もしていますが時間に少し余裕が出来てきたそうです。韓国語がどれだけものになるかはわからなけれど、好きなことに没頭するのはいいことです。ものになるとかならないとかは別問題ですね。夢中になれるということが大切です。

長男が巣立った後、妹も少し虚無感を味わったようであまり元気のない時期もあったのですが、それも落ち着いてきたように見えました。

私から見ても子育てに一生懸命、家族第一だったので、子供が家を離れ家が広く感じられるようになるとなんだかぼんやりしてしまうのかもしれませんね。

少ししょんぼりしていたオバサンに活力を与える韓国ドラマってやっぱり凄いです。

韓国語だけでなく、これからはどんどん好きなことをして人生を楽しんでほしいと思っています。自分の人生を楽しまなくっちゃ勿体ないです。

 

姪は新しい職場で仕事をはじめました。徒歩で通勤できる保育園で保母をしています。子どもたちも慣れてきて、皆すごく可愛いと言ってました。保母は天職だそうです。

以前勤めていた保育園は都内だったので、通勤時間が長くそれがキツいと言っていましたから、近くに希望に合うところがあって良かったです。

今の保育園で一番いいのは給食だそうで、子どもたちと同じ献立で昼食が出るそうです。すごく栄養のバランスも考えられているから、体に良いし美味しいので毎日楽しみだと言っていました。

 

妹も姪も4月から新しい世界に踏み込んで楽しそうでした。私もこの先どうなるだろうと不安がないわけではないですが、残りの人生は思いっきり楽しみたいです。

人生を楽しむために始めたいと思うこともありますが、やめようと思うこともあります。

まずは苦手な人には誘われても付き合わない、これを実践します。
少しわがままになってもいいと思うので。
他の人に迷惑をかけない程度に。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

自分のペースでいきましょう。
では、また。