ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

意外と効果があった遠赤膝サポーター

今日は雨の音で目覚めました。関東は寒い一日のようです。
最近は何を着ていけばいいか迷いますが今日は冬服でいいかしら。油断せずに温かくして過ごしてください。

f:id:kodemarix:20220307220646j:plain

私また膝が痛くなりました。😥

数年前右膝が痛くなって正座することが出来なくなり、椅子から立ち上がることも辛く感じた時期があったのですが、今度は反対の膝が・・。

歩くことはできるのですが、始終痛みがあってこれは困ったと思いました。

気温の寒暖さのせいかもしれないし、同じ格好で座っている時間が長かったせいかもしれません。足を組んだり、ふみ台の上に足を乗せるような格好がいけなかったのかもしれないです。

ただ、整形外科へ行くほどではないと思ったので、たまたまタンスに眠っていた「遠赤膝サポーター」を試してみることにしました。

サポーターで動かないように固定すれば、少しは痛みがおさまるのではと思ったからです。現在立ったままで数時間働いているので、膝が痛いと辛いのです。

膝は負担がかかりやすい関節で痛みが出やすい場所。膝サポーターを使うことで膝の負担が減るようです。

おそらく母が買っておいたものだと思います。新品ですが、だいぶ前のものなのでどこの製品かはわかりませんでした。ネット使用で洗濯もOK。

少し厚手なので心配しましたが、つけてみてスラックスをはいてもそれほど外から目立たず良かったです。

遠赤なので膝を温める効果も期待しました。漠然と温めたほうが良いと思っていました。

数時間つけてみて温かくなるような実感はなかったのですが、家に帰って外して手を当てて反対の膝と比べてみたところほんのりと温かさを感じました。

このサポーターのおかげか2日ほどして痛みがなくなりました。正直、こういうものはあまり信じていませんでしたが助かりました。

f:id:kodemarix:20220307223411j:plain

今回膝サポーターを見直す事となり、調べてみると機能的にも素材的にも進化して良いものがあるのですね。

日常的に使うには薄手で手軽につけられて自分で洗えるサポーターがいいですが、それに加えて温め効果のあるものが多かったです。温めると気持ちいいですし楽になりますね。

なんと膝の関節には体重の3~4倍もの負担がかかるそうです。長い間そんなに負担をかけているのですから、年齢的に私の膝も老化しているでしょう。この先も長く頑張ってもらうために、いたわることも大切かなと思いました。

今回私はサポーターのお陰で良くなりましたが、痛みがなくなったらウォーキングがいいそうです。20分位の散歩でいいようなので、心がけたいです。

姿勢も正しく、太りすぎないようにということも大事だそうです。調べるといろいろ思い当たる私の悪い点が影響しているように感じました。

姿勢も悪いし、だんだん体重は増えてきています。

膝痛の予防として膝を動かす筋肉の手入れ(マッサージ)も大事、太ももの筋肉アップ、ストレッチ、日頃からの歩く習慣も大切。

歳をとってもいろいろ努力すべきことがありますね。

歩けなくなったら行きたい所へも行けないし、一人でできなくなることが多くなるでしょう。そうなったら一大事です。

膝寿命延ばしていつまでも若々しくいたいです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

疲れたら少し横になりましょう。
では、また。