ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

中国ドラマ「運命の桃花~宸汐縁~」感想〜抒情詩的ファンタジー

「運命の桃花~宸汐縁~」  原題:三生三世宸汐縁 2019年 iQiyi(爱奇艺)

★★★★☆

CGも多く使われゲーム的な感じも受けましたが、迫力もあり、神秘的な感じもありの美しい神話ファンタジーです。魅力ある俳優陣のおかげもありファンタジー苦手の私もすぐに物語に入りこめました。ストーリー展開に無理も感じませんでしたし、テンポもよく楽しく見ました。天界と人間界を描く壮大なスケールの抒情詩的ドラマです。

f:id:kodemarix:20211226094538j:plain

画像:sohu.com

霊汐(れいせき)=倪妮(ニー・ニー)
九宸(きゅうしん)=張震チャン・チェン
青瑶(せいよう)=張芷溪( チャン・ジーシー)
雲風(うんほう)=李嘉銘(リー・ジアミン)
景休(けいきゅう)=李東学(リー・トンシェ)

5万年も凍りつき眠っていた戦神の九宸は桃林に住む霊汐のおかげで目覚める。自分を生き返らせたその力を探るため九宸は霊汐を侍女としてそばに置くことにする。次第に惹かれ合う2人。しかし魔気を持っている霊汐は魔君の復活のために魔族から狙われ、そのことに危機感を感じた天界で死刑判決を受ける。なんとか彼女を救いたい九宸は苦肉の策にでる。

運命の桃花~宸汐縁~ 【公式】 | SPOエンタメ倶楽部

以下ネタバレあります。

f:id:kodemarix:20211119200555j:plain

チャン・チェンの初ドラマということで、見逃してはいけないと見始めました。ストーリーも面白かったし、衣装も優雅で素敵、CGや特殊メイクも違和感無く毎回楽しみに見ました。

ヒロイン霊汐を演じたニー・ニーがすごく魅力的でした。可愛くもあり、透明感のある美しさもあり、この役にピッタリでした。プライベートでも自然体の人だそうですが、そういうところも表情や演技から感じました。

最初に見せる怖いもの知らずの可愛い霊汐も良かったし、人間界の幸薄そうな姿も、天界に戻って堂々とした姿も良かったです。3様の霊汐を上手に演じ分けていたと思います。さすが中国若手4大女優の一人です。

彼女の恋の相手九宸を演じるのがチャン・チェンです。ドラマの中ではともかく、実際には年の差がありすぎてどうなの?と思いましたが、この実力派俳優のおかげかドラマが全体がピシッと締まっていたように感じます。さすがの存在感でした。

九宸の苦しい胸の内や切なさ、熱い思いがストレートに感じられましたし、だからこそ彼の恋も応援したくなりました。

九宸は無愛想だし、見た目ちょっと怖い感じの戦神。でも心は純粋で情熱的でもあり、一途に霊汐を愛する男です。段々とそのギャップにやられちゃいました。可愛いところもありますしね。

天界の恋愛事情も人間界と変わらずなかなか思うようにはいかないようで、それぞれの神様たちの恋の展開も楽しく見ました。

そしてこのドラマを和ませているのがペット?と言って良いのか・・神獣の白澤、小白です。CGと思えないほど繊細な動きでびっくり、本当に可愛かったです。

神獣を懐かせてしまう霊汐はやはり何か特別な能力を持っていたんですね。霊汐が危機の時、小さな白澤が神獣の姿に戻って彼女を助ける姿はちょっと感動的でもありました。

霊汐と九宸の恋は山あり谷ありでしたが、九宸は霊汐の憧れの戦神でもあったし、彼女側から見ればシンデレラストーリーとも言えると思います。最後ハラハラしましたが、ハッピーエンドで良かったです。

ラブストーリー色が強いドラマですが、魔との戦いというテーマもあります。誰の心にもある魔は天界でもやはり驚異なんですね。天界にも魔が潜んでいるという考えが生々しく、ただきれいなファンタジーとは違いました。

「刧」という言葉が出てきます。霊汐が死んだ後、人間界で転生させ「刧」を積ませる、つまり修行させるというような意味あいでしょうか。人間界って苦労が多いということ?私も今修行中なの?などと考えながら見ていました。

f:id:kodemarix:20211209222426j:plain

f:id:kodemarix:20220101105824j:plain

李東学(リー・トンシェ) 1982年11月27日生 河南省鄭州市 183cm

以前、辮髪で出演されていたのを見て、なんてイケメンなんだろうと思いました。今回の景休もメイクの力もあるのか、ものすごくかっこよかったです。

三角関係では切なく最後は魔に落ちてしまう姿は哀れでした。どこにで、誰にでも魔の入り口はあるのかなと思いました。そう考えると天界も人間界もあまり変わらないようでした。