ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

庭がスッキリ〜毎年恒例のプロによる剪定で

今日は庭を整えに業者さんが来てくれました。

実は我が家の前の空き地にようやく家が建つことになって只今工事中。
そのため、時間調整の結果早朝からの仕事となって、7時半から開始。

こんなに早くから始まるならご近所に一言声をかけておくべきだったかと思いましたが、もう始まっちゃったから・・。

f:id:kodemarix:20211126091413j:plain

とんでもなく好き放題に伸びていた枝をカットして丸い形にしてくれます。槇の木はここに越してきたときに叔父がプレゼントしてくれたものだそうで、母も大事にしていました。

本当は葉の密度を減らしたほうが健康に育つそうですが、親方が腕を怪我してしまい今回刈り込みだけになりました。来年は本格的な枝透かし剪定をお願いしました。剪定してもらうと本当に見栄え良くなるんです。

以前丸くするだけならと自分で出来るような気がして挑戦したことあるんですが、丸く良い形にするのは難しく、諦めました。ハサミも結構重いんですよね。

プロの庭師曰く、来年以降の樹形を考えながらその場に合うように整えるのだそうです。ただ形を整えるだけではないので、やはり確かな技術や知識が必要で、素人が手を出して木が駄目になることもあるとか。

花が散って毎日の掃除を余儀なくする山茶花もそうとう枝を落としてもらい、スッキリしました。花殻も取ってくれたので、明日からは掃除も楽になりそうです。

だいたい半日くらいの作業ですが、目立つ雑草は抜いてくれるし、枯れ葉も全部集めて掃除してくれるので大助かりです。

そして、今回は椿の鉢植えを処分してもらいました。もう何年もそのままで今はあまり花もつけなくなってしまいました。鉢の土を新しくしてみようと思ったのですが、木が抜けずに困っていました。

見てもらったら、葉も勢いがないしもういいんじゃないかと言われ処分することに。可哀想なことをしました。

以前にも話しましたが、木は手がかかるので少しずつ処分することも考えています。

なのに・・今回みかんの木を勧められました。ちょうどぽっかり空いたところがあって、そこにどうかと。

テニスボールくらいの甘くて大きなみかんがなるそうです。みかんは常緑樹なので、枯れ葉も落ちないしいいよと言われました。風にも強いそうです。

梅の実はそのまま食べられないけれど、美味しいみかんが取れるなら楽しいかもなんて思ったのですが・・ダメダメ、これ以上木を増やさないように。

ちょっと気持ちが動きかけたけど、どんどん歳を取るのだから仕事を増やさないようにしないと。