ふくみみdiary

      余生を楽しむまったりずむ

羽毛布団をだしてみました〜冬支度

急に寒くなってきたので、羽毛布団を出してみました。使用するにはまだ早いのですが、一度干しておこうと思いまして。

f:id:kodemarix:20211018195411j:plain

ここ何年か気になっているのが羽毛布団には寿命があるのかしら?という事。一生ものと聞いて買ったような気もしますが。

調べてみると、やはり寿命があるらしい!

羽毛自体の寿命は30年以上あるようですが、布団として使用すると汗や経年劣化により傷んでくるので、羽毛布団の寿命は10~15年程度だそうです。使い方やお手入れ、使う頻度によっては20年ほどに伸びるようですが。

私の使っているものは一度クリーニングに出しましたが、使い始めてからすでに20年くらいは経っていると思います。

買い替え時のサインは以下のような状態の時だそうです。

  • 羽毛が出てくる
  • 膨らみが減った、偏っている
  • 温かさを感じなくなった
  • 重さを感じる

思い当たることとしては、少し重たくなったかなと感じています。羽毛布団の打ち直し(リフォーム)というのも可能なようですが、結構な費用がかかる。そろそろ買い替えてもいいのかなぁと思いました。

でもその前にとりあえず干してみようと思い、もう一度干し方を確認。確か天日干しはいけないと聞いていたと思うのですが・・。

天日干しが良くないのは羽毛ではなく側生地(がわきじ)=羽毛を包む生地だそうです。側生地を紫外線で傷めないようにするため、天日干しは良くないと言われているようです。それでも天気の良い日の日中、湿気の少ない10時から15時に片側1時間位を目安に干すのは良いようです。側生地を守るためにカバーをしたまま干すのがbetter。除湿目的だけなら陰干しでも十分だそうです。そして、絶対に叩かないこと。
布団乾燥機を使うのもいいみたいですね。

使用しない期間に2、3回干すと良いという説明もありました。

そして仕舞う時は、圧縮袋はNG。買った時に入っていた羽毛バッグは通気性を考えて不撚布が使われているので、これが良いようです。更にファスナーを少し開けておくのが良いと。

私の羽毛バッグは不燃布ではないのであまり良くなかったんですね。これからはファスナーをきっちり締めないように注意します。
通気性を確保することも長持ちさせるポイントだそうです。

扱い方を間違わなければ、それなりに長く使えるようです。何にしても正しいお手入れは大事です。

空気も乾燥してきたので、干してみようと思います。少し軽くなるかなぁ。