ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

乳がん・子宮がん検診2021〜緊急で行ってきました

心配なことがあって、昨日乳がん検診をしてきました。
今は精密検査の結果待ちです。

昨年は10月に乳がん、子宮がん検診をしました。でも誕生日の関係で普通の健康診断もその頃になるので、やっぱり少し気ぜわしい。今年は夏にしようと思ってました。

コロナワクチンも2回終了したので、そろそろと思っていた矢先に一大事!
4日前のこと朝起きたらパジャマの右胸の辺りにポツポツと茶褐色の斑点がたくさんついてたんです。ん?!何か傷があるのかしらと見てみたのですが、それはなかった。じゃぁどうして?・・ハッとして乳頭を見てみると赤いかさぶたみたいなものが!乳頭から出たに違いないです。

ちょっと乳頭をつまんでみたんですが、何も変化がなかった。でも乳房をお乳を出すときのようにしぼってみたら、透明ですが分泌液が出てきました。青くなりました。

すぐに毎年お世話になっている表参道のクリニックへ予約を入れました。運良く3日後に予約が取れて昨日検査に行ってきました。こちらのクリニックは自由診療ですが何か症状があれば保険診療になります。(症状がある場合は電話予約のほうがいいようです)

何か問題があれば、こちらで精密検査も可能なので嬉しいです。長いこと悶々とするのは辛いのでスピーディに対応してもらえるのは何よりです。

www.pinkribbon-breastcare.com

 

今回も一緒に子宮がん検診も予約して検査しましたが、こちらは特に心配なこともないので、今回は乳がん検診についてのみお話しします。


昨日のメニューは 問診・マンモグラフィ・超音波検査・医師の診察&診断結果 です。いつもは結果を郵送で送ってもらうようにしています。ただ今回は心配なことがあるので、先生の診察は外せませんでした。こちらでは医師の診察を希望すれば、その日の検査画像等から判断して結果をすぐに聞くことが出来ます。何か症状があって不安な時は質問も出来ますし、先生もすごく親身になってくださるので本当にありがたいです。


問診:パジャマに血液のような斑点がついていた事、その後何回か乳房をしぼってみると、茶褐色、赤、透明と色の違う分泌液を確認したこと、痛みはないことを伝えました。(問診は問診担当の先生です)

マンモグラフィ:左右とも縦横どちらも撮影します。この時乳房が押しつぶされるので、右の乳房からは分泌液が出ました。担当技師の方は普段は何でもなくてもマンモをすると分泌液が出る方も多いですよと。

超音波検査:ゼリーを塗ってする検査です。

医師の診察:まず、問診と同じになりますが、検診をお願いするに至った状況を話しました。視触診をしていただいたあと、今飲んでいる薬がありますか?と聞かれました。そして「マンモと超音波の画像を見た限りでは心配なことはないようです」と。でも分泌液を精密検査(細胞診)に出し、その結果をみてまた必要なら更に検査をするということになりました。先生のお話ではホルモンの問題や薬の副作用などで私のような症状が出ることがあるそうです。

 

分泌液の精密検査の結果は2週間ほどかかるようです。それに合わせて次回の予約もお願いして帰宅しました。今の段階で不安がゼロになったわけではないですが、先生のお話を聞いて気持ちは少し軽くなりました。
結果が出たら、またご報告します。

それにしても、緊急事態宣言の中、都内に出るのはちょっと怖かった。本来なら帰りにデパ地下に寄りたいところですが、まっすぐ帰宅。いろいろと緊張して疲れました。