ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

仕事したくない病〜なぜか一年に一度かかります。

ここ数年、一年に一度は「仕事したくない病」にかかります。たいてい8月。今はパートで6時間勤務です。

自分で理由を分析してみると、単純に疲れているんだろうと思います。少しずつ疲れが蓄積されて、やる気も出なくなって、何もかもネガティブに考えがち。つまりは体も心も夏バテってことだと思っています。

人間関係で心をすり減らすのも疲れるし、歳のせいか休んでも体が回復しない。辛いなぁと思う。この歳で、こんな状態で仕事を続けていく必要あるかしら?

70歳まで働きたいと漠然と考えているので、まだ辞めるには早いのですが、意地はることないんじゃないか、もういいんじゃなかと思ってしまうのです。別に私がいなくなったところで仕事は回るでしょうしね。

f:id:kodemarix:20210824181535j:plain

「仕事したくない病」にかかった時、私はとりあえずもう少し、例えば1ヶ月頑張れるか自分に聞いてみます。そしてその意味があるか考えます。

仕事続けてみると結論が出れば、次に休みが取れる日になるべく休みます。リフレッシュする時間をなるべく多く確保。

そして、少しは手が抜ける仕事なら手を抜いてみる。人に頼めることは頼んでちょっぴりサボってみる。嘘も方便です。

とにかくいつもの自分ではしないことをしてみます。これ結構効果があるような気がします。プライベートでも、例えば髪を短く切るなんてことも気分がスッキリして、仕事に対しても違う見方が出来たりします。

私のこの病はいつの間にか治まります。まぁあれこれ考えても答えは出ない、本当に辞めたくなったら即決断出来るだろうと思っています。目標達成まであとせいぜい4年間ですし、たとえ今すぐ辞めてもよく頑張ったと思えると思います。

f:id:kodemarix:20210823113939p:plain

仕事しながら仕事したくないって思っている人はどのくらいいるのかなぁと思って調べてみたら、50%くらいの人がそう思っているようです。特に30代の人の率が高いようで、ちょっと驚きました。

会社勤めの30代というとやりがい持って働いている人が多いんだろうと思ってました。仕事にも慣れて来て、そろそろ昇進なんてことも出てくるから人間関係も気になってくる頃でしょうか?部下も出来ているだろうから、ちょとイライラすることも多くなっているかもしれないですね。

仕事を辞めたい理由は、やりがいを感じない、給料が安い、将来性に疑問といろいろあるようですが、実は人間関係というのが一番多いらしいです。

学生の頃は気の合った人たちとだけ付き合うということも出来たけれど、社会に出るとそうはいかないですよね。たとえ好きなことを仕事にしても人間関係のストレスは多少なりともついてまわります。

仕事ってやはり人生の中では大きなウエイトを占めるので、ただただ我慢してしてやっていくというわけにはいきません。今30代ならあと30年、あるいはもっと先まで続く問題ですから当然大いに悩むところです。

ただ辞めることはいつでも出来ます。

私は今まで人間関係で仕事を辞めたことはないですが、この仕事は全く私に合わないと思って3日で辞めたことがあります、若かった(笑)。ただこんな結果になって、申し訳ない気持ちはいっぱいありました。

辞めるとなれば、またその先を考えなくてはならないですし、それも簡単なことではありません。

今の仕事に悩んだら、初心に帰ってみるのはどうでしょう。どうしてその仕事を選んだのか、やってみようと思ったのか。

それを思い返してみると、もしかしたらもう少し頑張ってみようと思えるかも。今の仕事が好きなのでは?自分を目標に近づけてくれる仕事なんじゃないですか?

そしてあまり周りを気にせず、ただ仕事に没頭してみる、黙々と仕事をする。

自分に任された仕事をきちんと終わらせることで自信もつくし、達成感も得られる。新たな道も開けるかも。

どうでしょう?