ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

中国ドラマ「大唐女法医~Love&Truth~」感想〜若々しく現代的な歴史劇

「大唐女法医~Love&Truth~」 原題:大唐女法医 2020年

★★★☆☆

f:id:kodemarix:20210814191446j:plain 

冉顏(ぜんがん)=周洁琼(チュ・ギョルギョン=ジョウ・ジエチョン)
蕭頌(しょうしょう)=李程彬(トビー・リー)
蘇伏(そふく)=裴子添(ベイ・ズーティエン)
白義(はくぎ)=王一哲(ワン・イージョー)
桑辰(そうしん)=藍博(ラン・ボー)

冉顏は亡き母の死の真相を探るため、幼い頃から解剖術を習い検視官となる。しかし、望まぬ結婚を決められ、また義母との軋轢もありついに家を逃げ出す。刑部侍郎の蕭頌は冉顏の類まれな検死能力を評価し、彼女を助手にする。しかし、共に事件を解決していくも、二人の間には喧嘩が絶えない。そんな中、冉顏は危機を何度も救ってくれる謎めいた蘇伏に惹かれ始める。彼こそが親が決めた結婚相手とは気づかずに・・。

大唐女法医~Love&Truth~ | ドラマ | BS11(イレブン)|全番組が無料放送

以下少しネタバレしてます。

f:id:kodemarix:20220217102658j:plain

様々な事件の謎を解いていく過程は面白く、その方法も興味を持って見ていました。蕭頌の名探偵っぷりもなかなか良かったです。

蕭頌の役職、刑部は司法を担当するところで、侍郎とは次官のようです。若いけれど、やっぱりすごく偉い人みたいですね。全体的に若々しく爽やかな感じのドラマで肩も凝らず見れました。

ただロマンスという点では蕭頌の一途さは良くわかったものの、冉顏の気持ちは不安定だったし、私は最後まで彼女を理解しきれずに終わってしまいました。

蘇伏に至っては善人かと思えば悪人になって、これは毒で操られていて本人の意思ではないようでしたが、そういう点もあまりはっきり伝わってこなかった。

私はこの三角関係よりも、むしろ蕭頌と友人でもある側近?の白義とのブロマンス的な関係が面白かったです。白義が冉顏にヤキモチを焼いちゃうような素振りや目の動きに萌えました(笑)。可愛いキャラの桑辰も楽しみでした。

話題になったといえば、冉顏役のチュ・ギョルギョンです。色白で可愛い感じの美人ですね。

チュ・ギョルギョン(韓国よみ)は韓国でオーディションを受け、ガールズグループI.O.Iでデビュー。AKBとまではいかないけれど、人数の多いグループです。しかし、I.O.Iはまもなく解散、その後PRISTINというグループのメンバーになりました。こちらも解散となり、なかなか苦労をしたアイドルのようです。

中国出身ですが、15歳で韓国に渡りアイドル修行をしたとか。若くして覚悟を決めて海外へ渡るとはなかなか根性のある人のようです。演技の中にもそのキリッとした芯の強さを垣間見た気がします。

f:id:kodemarix:20210814195355j:plain 
lujustar.comより 桑辰(ラン・ボー)&白義(ワン・イージョー)

  

ドラマの最後は続きがあるような終わり方だったので、続編が出来るのかも。その時は白義と桑辰も外さないでほしいです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

楽しい一日を。
では、また。