ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

イギリス英語の心地よさ〜「シャーロック・ホームズの冒険」

最初に・・私は英語に堪能なわけではありません。
でも、イギリス英語の響きが心地よく感じます。

f:id:kodemarix:20210812112313j:plain

NHKBSP・BS4Kで8月11日から「シャーロック・ホームズの冒険」が始まりました。

シャーロック・ホームズの冒険 - NHK

長いこともう一度見たいと待ち望んでいたドラマなのですごく嬉しいです。ストーリー自体が面白いことも魅力ですが、なんと言ってもジェレミー・ブレッドが演じるシャーロック・ホームズは秀逸。また、街の様子や人々の衣装、調度品などを見ても当時のロンドンを感じることができ、大好きなドラマです。

吹き替え(声:露口茂)も素晴らしいのですが、イギリス英語を聞きたいので、切り替えて字幕、副音声で見ています。字幕がないとストーリーが追えないのが悲しい・・。(もっと勉強しておけば良かった、後悔先にたたず)

イギリス英語はなんだか気取った感じに聞こえるという人も多いと思いますが「世界で一番セクシーなアクセント」と言われているそうです。まぁ、そういう感じもしないでもないかなぁ。セクシーかどうかはともかく、アメリカ英語より聞きとりやすいと私は思っています。

イギリス英語を楽しめるドラマは最近ではNHKBSP「名探偵ポワロ」、BS11「刑事モース~オックスフォード事件簿~」がありました。どちらもものすごく好き。何回見ても飽きません。

最初はストーリーについていくだけで精一杯ですが、2回3回と見るうちに家具とか机の上の文房具とか楽しいものがいっぱいです。

名探偵ポワロ」では声を担当した熊倉一雄さんがポワロの魅力を何倍にも膨らませていると思うので、吹き替えも外せませんが。

英語もよく理解できないくせにって言われそうですが、私なりにイギリス英語の世界を楽しんでます。そのうちちょっと分かるようになるかしら?