ふくみみdiary

      余生を楽しむまったりずむ

オリンピックで国旗を楽しむ

オリンピックをテレビで見ていると、選手の名前の他に国名(アルファベット3文字)と国旗が表示されます。表彰式でも国旗があがりますね。
国旗が面白い!見慣れた国旗もありますが、初めて見る国旗も。

例えばこれ

f:id:kodemarix:20210804163647p:plain

この国旗はレスリングの表彰式で見ました。いままで見たことありませんでした。キルギス共和国の国旗です。
この真中の模様はなんだろう?

この国旗は国民からデザインを募集して作られたそうで、ボズウィ(パオ)と呼ばれる遊牧民の移動式住居の中から天井の中心を見上げると見える太陽が描かれているのだそうです。確かに・・。

f:id:kodemarix:20210804170136j:plain

1991年にソ連が崩壊し、「キルギスタン共和国」として独立。1992年になるとキルギスタン共和国の国旗が制定されました。それがこの国旗です。1993年にはキルギスタン共和国から「キルギス共和国」に改名されました。「中央アジアのスイス」とも呼ばれ、自然豊かな国のようです。

もう一つ素敵だなぁと思った国旗は

f:id:kodemarix:20210804171009j:plain

カザフスタンの国旗、雄大さを感じる。翼を広げて飛ぶ鷲は「カザフスタン人の誇り」だそうです。

カザフスタンソ連崩壊の直前の1991年にカザフスタン共和国として独立しましたユーラシア大陸の中央に位置し、国土の約半分は砂漠や乾燥した草原。こちらは広大でダイナミックな自然が多く、「中央アジアのグランドキャニオン」とよばれる場所があるそうです。

偶然お隣同士のキルギスカザフスタンの国旗が目につきましたが、きれいな色の組み合わせの国旗もあればシンプルな国旗もあり、様々。見ていると結構楽しいです。