ふくみみdiary

      余生を楽しむまったりずむ

韓国ドラマ「マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜」感想〜最後に魔法にかかるには

マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜(나의 아저씨)
2018年 韓国tvN

★★★★★

f:id:kodemarix:20210901165459j:plain

画像:chosun.com

 

「マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜」公式サイト


イ・ジアン(IU)
パク・ドンフン(イ・ソンギュン)
イ・グァンイル(チャン・ギヨン)

イ・ソンギュン、IUと「シグナル」「ミセン‐未生‐」演出家ですからすっごく期待しちゃいますよね。面白くないわけがないって。
でも面白いとは言い難い作品です。実は私は2度挫折しました。同じように途中棄権の方もいるようですね。出だし面白くないというのは韓国ドラマではあるあるです。ちょっと我慢して見ているとエンジンがかかってくるというドラマも多いですが、このドラマは更に上をいく・・出だし重すぎて辛い、そしてそれが長く続く、いつまで経っても面白いと思って見ることはできませんでした(笑)

それでも私が今回見続けた理由、第一に登場人物のキャラの素晴らしさに惹かれたからです。どの登場人物もイイ奴なんですよ。第二はそのキャラを際立たせる役者さん達の演技力の高さゆえです。例えばセリフのない場面でも仕草や目の動きなどが残像のように頭にいつまでも残りました。つまり引き込まれているということでしょうか。イ・ソンギュンさんは演技も声も絶品でした。ドンフンの兄役のパク・ホサンさんも相変わらずいい味出してるし、ほんの少ししか登場しない俳優さんも素晴らしい人ばかり。演技派、ベテラン役者さん達の中でIUも大変だったろうな、でも彼女も素晴らしかったです。

そして、挫折を乗り越えて最終回を見ることができたら、このドラマの世界が見えてきます。

今回ようやく最後まで見て、なんといえば良いか・・たぶん「見てほしい」あるいは「見るべき」ドラマということになるでしょうか。
見終わってなんだか感動で胸がいっぱいになり「あ〜見て良かった」と思いました。そして最後まで見ないと得られない魔法をかけられたような体験をして満足感で満たされました。たくさん、たくさん考えさせられるドラマです。

あるサイトではヒーリングドラマと紹介されてました。このドラマを見終わって心が浄化されたことに気づく、まさにヒーリングドラマですね。

これが映画だったらどうだろう・・とも思いました。

f:id:kodemarix:20210819105232j:plain
ただ息をしているだけのように生きているジアン(IU)は大手建設会社の契約社員となる。配属された部には部長のパク・ドンフンがいた。ジアンはドンフンの妻と不倫関係にある社長のト・ジュニョンと秘密の契約を結び、ドンフンを陥れようする。一方ドンフンはジアンと関わるに連れ、彼女が子供の頃から苦労し続けていることを知り、気にかけ優しく手を差し伸べる。


イ・ジアン(IU)
私は最後までジアンを好きになれませんでした。
ジアンは借金も抱え自分が生きるだけでも精一杯なのに、祖母の面倒を見ながら生活しています。自分の楽しみも自由もやすらぎもない。運良く建設会社で働くことになりましたが、職場でのコミュニケーションはゼロ。もちろん笑顔も無し。境遇を気の毒には思うけれど、感じ悪すぎで周りの反応もさもありなんです。おじさん=ドンフンが気にかけ暖かく見守ることで少しずつ変わっていくけれど、普通ドンフンのようにここまでする人いないでしょ。まして、ドンフンの声を日夜聞いてカチカチに固まった傷だらけの心が癒やされても、盗聴ですし。
だだ少しずつ心が動いていくジアンはやはり可愛いなと思いましたし、私にはまだまだ少女にみえました。ドンフンもそうですが、例えばドンフンのサッカー仲間や居酒屋の女将のように自分にバリアなく近づいてくる人たちは始めてだったでしょう。その温かさ、人情がジアンの心の薬でした。
ジアンがドンフンを尊敬し、好きなのは確かですが、これが恋愛感情、愛かというと私にはちょっと疑問です。

 

パク・ドンフン(イ・ソンギュン)
ドンフンはずっと「いい子」と言われて大きくなったんじゃないでしょうか?自分はそんなんじゃないと思っていても周りは「いい子」と見る。そしていつしか「いい子」の呪縛にかかり、そのまま大人になったんではないかしら?自覚はないけど自ら枠を作ってしまって生きずらくなってしまった。
仕事ぶりは誠実で実力もあり、部下たちからは信頼され尊敬されている。だから差出人不明の商品券の事件でも、意図せず英雄扱いされされちゃったり。
それに、兄・弟があんな感じですから子供の頃から母の期待を一身に背負っていたと思います。誰からも慕われているし、頼られている。気づかぬうちにそういうものが圧になって、羽目を外すこともできず、ある意味自分を押し殺しながら生きてきたのでしょう。端から見ると羨ましいほど立派に生きているように見えても、自分では自信を持てない。そんな生き方が辛くても誰にも話せない・・。

最後にドンフンが一人泣くシーンがあります。ドンフンが「いい子」の呪縛から解き放たれた瞬間だと思っています。
一人カップ麺をすすりながら、こんな生活を望んでいたわけではないと自分に対する怒りのようなものが吹き出したのでは。これが自分の人生なのか!って。妻の不倫騒動は社内でも知られることとなりました。一大スキャンダルです。妻はドンフンの考えに従うと言いながら、結局遠く離れて行きます。ドンフンは彼女をすっかり許したいと思いながら、やはり「しこり」が残っているんでしょう。でも離婚もできない。それが辛いし情けないとも思っていた。会社では権力闘争で振り回され、勝って常務に昇進したものの、その座を心から望んでいたわけでもない。いったい、自分は何してるんだろうって。自分は何なんだって。「いい子」にとことん疲れてしまったんでしょう。これまでを振り返り、こみ上げるものがあって嗚咽になりました。でもこれで彼は自分らしく生きられる人間にに生まれ変わったのだと思います。吹っ切れて心が自由になりました。

ジアンの盗聴で、まるごと自分のすべてを知られてしまったことが結局は彼の救いになったのだとしたら、これはジアンのおかげといえるのかもしれません。

 

イ・グァンイル
サラ金業者でジアンを執拗に追いかけ、嫌がらせをします。彼はそうすることでしかジアンに自分の存在を見せる事ができなくなってしまっています。好きなら別のアプローチもできるのに。でも、父親を殺されたために自分の人生が変わってしまったと考えれば、これも仕方のないこと。そして誰も彼を気遣わなかった。見方を変えれば、この人も大人の犠牲になってしまった子供です。
最後はジアンを助け、ジアンを手放します。これが彼の愛でした。切ないです。でも、本来の自分の姿をジアンが知ってくれているということが彼の生きる力となると思います。

 

f:id:kodemarix:20210901171340j:plain


一年後、ドンフンは起業し社長となり以前の仲間たちと共に生き生きと仕事をしています。兄は復縁し、弟はまた映画の道を模索しはじめました。ジアンは普通のOLになって笑顔も取り戻しています。

長く泥沼のような中にいても、一歩踏み出すことができるなら新しい世界が待っています。そのきっかけは縁。
ジアンのおばあさんが「誰でも縁というものは持っている。どんな縁も不思議で尊い物。幸せに生きることで恩返しをしなさい」と言ってました。

最後はドンフンとジアンは握手をして別れますが、私はこの二人が恋愛するとは思えません。ドンフンはそろそろ妻を迎えに行くような気がします。
そういう握手だったのではと・・そしてジアンもそれをわかっている。私はそんなふうに見終えました。

グァンイルの行末が心配ではありますが、彼も本来の自分を取り戻し幸せでいてほしいなと思います。