ふくみみdiary

      余生を楽しむまったりずむ

2009年 韓国版「花より男子」 プレミアムイベント 5日公演

花より男子~Boys Over Flowers』プレミアムイベント
9月6日(日)、5日(土)は追加公演 会場:パシフィコ横浜国立大ホール

2009-09-07の記事

私は5日公演のみ参加しました。会場のパシフィコ横浜国立大ホールは海のそば。久々に開放感のある場所に行きました。海がきれいだった~。

会場に入るとグッズ売り場にはかなりの人が並んでました。商品もたくさん種類があります。お花もたくさん並んでいて、会場全体がすでに華やかな印象。そして今回は思いがけずほぼ舞台正面の席をいただいたので、本当に舞台全体がよく見えました。スクリーンも大きかったので、表情なども良くわかりました。3時間の公演でした。

始まるまでは正面大型スクリーンでいろいろな紹介映像が流れてましたが、「タムナ」のポスター画像も映って、その時は思わず叫んでしまいました。

※インタビュー中に質問していたのは秘書役のスミさんがほとんどですが、執事役のテウさんも質問した部分があります。本来分けるべきなのですが、今回はどちらも「Q」で表しています。内容もかなり整理して書いていますので悪しからず。
 

今回のイベントは神話学園のパーティということで、MCのお2人はそれぞれ秘書(イ・スミさん)と執事(コン・テウさん)という設定でした。会場にはシャンデリアも輝いていました!まずは「花男」のドラマ映像が流れましたが、ジュファン君出演のシーンも流れてました。最初にF3登場。5日はキム・ボム君欠席のためミンホ君、リダ(ヒョンジュン君)、ジュン君の3人が姿を見せた後、早速T-MAXの「Paradise」♪ この曲は本当に気持ちが盛り上がります。もちろん皆総立ちでライトふりふり大歓声。

その後今回の出演者が全員登場しました。もちろんジュファン君も!あ~、やっぱり主役を演じたわけではないということもあるのか、地味目の服装です。(勝手にこのように解釈しました-笑)グレーのスーツの下はスーツとほぼ同色のオフタートル?のニットです。いまひとつ体に合ってないような・・・まぁ細かいことはともかく・・・一人ひとり簡単に皆日本語で自己紹介をしました。

ミンホ道明寺司役のイ・ミヌです。
リダ:ユン・ジフ役、SS501のリーダー、キム・ヒョンジュンです。
ジュン:こんにちわ、ウビン役、T-MAXのキム・ジュンです。
ジュファン:僕はイム・ジュファンです。
ソウン:キム・ソウンです。よろしくお願いします。

ミンホ君は黒いスーツに白いシャツ、上着が短めに感じましたが、足が長いからかしら?リダはシルバー色で長めの丈の上着で特徴あるデザイン。ジュン君は黒いスーツに黒いシャツを合わせてました。カウル(優紀)役のキム・ソウンさんは赤いタータンチェックのワンピースに黒いタイツで髪はアップにしてお団子、すっごく可愛いしセンスがいいですね。
ジュファン君は時折笑顔が見えるものの、登場の時からすっごく緊張しているように見えました。私これだけでもう肩こっちゃいました(笑) 登場した時にチュファニーとかジュファンssiという応援の声もあちこちからかかってました。(^^♪ 
この後、キム・ボム君とク・ヘソンさんからビデオメッセージ。ボム君からは10月1日より開設される「キム・ボム ジャパン オフィシャルファンクラブ"Vega"」の紹介もありました。

Q:今の気持ちは?
ミンホ:(通訳の声が聞こえず・・・反応が遅くなり謝ってました)明るく盛り上がってくれてうれしいです。
リダ:(日本語)あ~、今日の雰囲気もいいです。たくさん来て下さってありがとうございます。ん~、今日も遊びましょう! (会場:大拍手)

リダは日本語思い出したみたいです(笑) もちろんたどたどしいのですがなかなか上手でした。気になったことは・・・多勢が舞台で横に並んぶわけですが、通訳さんが一人で声が行き渡らなかったと思います・・・。この後、ボム君が出演している新ドラマ「Dream」の紹介映像とSHINeeからのビデオメッセージがあり、インタビュー一番手がジュファン君でした。

【ジュファン君】

右手から登場し、秘書に席を勧める。自分も坐ったと思うとまた立ち上がって執事にも席を勧めてました。(笑)

Q:たくさんのお客様、歓声ですが感想は?
ジュファン:わぁ~、たくさんの方に来ていただいてうれしいです。僕は主人公ではないので、それが少し寂しいですね。これからも「花より男子」を愛してください。
Q:ドラマの中では西門の兄で自由な人生を選びましたが・・・。
ジュファン:実際の性格は違います。一人で時間を過ごすことは好きですが、あのように自分の家族を捨てることは出来ないです。家族の一員ですから。
Q:キム・ボムさんとの撮影はいかがでしたか?
ジュファン:はぁ~(深いため息)・・・彼は本当に演技が上手いです。2人でやり取りするシーンでは、つい彼の演技に見とれてしまって自分の台詞のタイミングを外してしまいNGを出してしまいました。相手を引き込む魅力がありますね。
Q:「タムナ」では主演を務めていますね。
ジュファン:(立ち上がってお辞儀して)  会場:拍手

 

「タムナ」の映像が流れます。お~、日本語字幕つき!後ろを振り返ってジュファン君も見ています。自分が映し出されて「カッコイイねぇ」と自分で言いながら照れる。(≧∇≦
ジュファン君からファンタジーフュージョンドラマと紹介され、簡単にストーリーも教えてくれました。

ジュファン:このドラマはコミカルに面白くもあり、切なくもあり、とても新鮮なドラマです。完成度の高い作品なので、是非注目してください。(また立ち上がってお辞儀、手を振る~)10月からMnetで放送が始まります。
Q:衣装が(両班の)衣装が似合いますね。
ジュファン:かっこいいねぇ・・・(笑)  

最近覚えた日本語でしょうか?^m^

Q:(時代劇は)難しくなかったですか?
ジュファン:当時の男性の声の出し方があって、発声には気をつけました。また、普段から身のこなしに気をつけていたのですが、そのうち自然と後ろに手を組むようになりました。先日、弟とケンカをした時につい(時代劇調に)「おい!こら!」って言ってしまいました。(笑)
Q:実際に言ってみてください。
ジュファン:「おい!こら!」  会場:大拍手
Q:今後の目標などありますか?
ジュファン:個人的な俳優の目標というより、「タムナ」が日本で愛されて、またご挨拶できる時間を持てるようにと思っています。応援よろしくお願いします。

大拍手と一緒に右ソデに戻りました。最後は上の階にも手を振ってくれてました。たくさん彼の名前を呼ぶ歓声も!インタビュー中は話しているうちにリラックスしてきたのか笑顔もたくさん出てましたね。(≧∇≦ しかし、あ~、やっぱり歌はなかった・・・とここで思い正直がっかりでした。(T_T) 
実は「タムナ」の日本での放送については執事からお知らせするはずだったようで「仕事をとられちゃいました」と言われちゃいましたが、ジュファン君はしっかりPRしようと一生懸命だったんですね。 (^^♪ 

 

【キム・ソウンちゃん】

Q:可愛いですねぇ・・・。
ソウン:(恥ずかしそう)ありがとうございます。お目にかかれて光栄です。インタビューにも一生懸命答えます。

初々しくて可愛です。でも堂々とした感じもあります。「花男」というドラマについては、自分を知ってもらえて、関心を持ってもらえたので印象深いドラマだと話してました。実際の恋愛ではもちろんプレイボーイは好きじゃないと。優しくて、女優という自分の職業を理解してくれる人と話してました。告白して愛を手に入れる優紀はカッコイイと思ったそうです。

Q:キム・ボムさんについて
ソウン:大学の同期でお互いに知ってました。ボムさんの活発な姿を知っていたので、真面目で紳士的な姿は不思議でした(?)撮影中は真剣さを見せてくれて学ばなくてはいけないと思いました。もともと友達だったので、恥ずかしくて何度もNGを出してしまいました。2人で陶芸教室で(はだしで土練りのシーン)私が転びそうになり腰を支えてキスするかしないか・・・というシーンが一番恥ずかしかったです。(笑)

ソウンちゃんは韓国版「結婚できない男」に出演していて、その話も出ました。今後はどういう役を演じたいというより、いろいろ違う役に挑戦してカメレオンのような女優といわれるようになりたいとか。大物の片鱗を感じましたぁ・・・。

【ジュン君】
前回のイベントの時は緊張して躓いたという話から始まりました(笑)リラックスしてくださいといわれて足を組んで、腕を組んで・・・。
F4メンバーとはドラマの後も連絡を取り合っていて、時間が合えば会っているとか。

Q:やっぱり、ビリヤードやダーツで遊ぶの?
ジュン:いえ、普通にゲームなどして遊びます。強いて言えばボム君が一番負けず嫌い。Q:最近は野球に嵌っているようですが? (野球をしている映像-新ドラマ?)
ジュン:楽しいけど上手ではないです。
この後、ジュン君のミュージカル出演の映像が流れました。ちょっと恥ずかしいといってましたが、ファンにとってはレアな映像だったのでは。
ジュン:今は欲が高まってきているので、歌手、バラエティ、ミュージカルと幅広く頑張りたいです。俳優としても良い作品でまた皆様とお会いしたいです。

秘書が「ウビン先輩」と呼ぶと・・・ちょっとポカンとして・・・。
ジュン:その呼び方で皆さんわかるんですか? (客席に向かって質問)
会場:は~い (会場でわかると答えると・・・)
ジュン:私より先輩の方が多いようですが・・・僕が先輩と呼ばれるのは・・・
これには大笑い (≧∇≦ 大受けでした。「皆さん神話学園の生徒ですよね?」なんて盛り上げてました。最後に「たくさん来てくれてありがとうございます。この公演を楽しんでください」と挨拶がありました。私は韓国語聞いてもわからないですが、やはりジュン君は話し方がフレンドリーだなぁと感じます。
ジュン君はずっと腕を組んでいたのですが。脇の所で手はグーサインの形(親指と人差し指で丸を作る)だったそうです。執事が暴露してました(笑)

【リダ(ヒョンジュン君)】
ひときわ歓声が高かったです!今回はヘアースタイルがスッゴク決まっていて、本当に可愛かったです。ちょっと痩せたのかな?小顔に見えましたが・・・。実は働き者ということで、昔のアルバイトの話を。リダは日本語でインタビューに答えてました。
リダ:う~ん、子供のときにはたくさんアルバイトしました。ピザ配達、新聞配達、レストランボーイ・・・子供としてはいっぱい稼ぎました。
Q:辛かったことは?
リダ:う~ん、仕事だから嬉しいことなかった。めんどくさかった。
Q:今日も仕事ですが・・・楽しんで下さい。 会場:爆
リダ:(困ったように)あ~・・・今日は・・・楽しんでます。

花男」でギターの弾き語りをして初めてお金を稼ぎ、そのお金でつくしに靴を買ってあげたシーンがスクリーンに流れ・・・

Q:初任給の使い道は?
リダ:お金を貰って欲しかったギターを買いました。
Q:彼女にプレゼントするとしたら?
リダ:2人で遊びに行って・・・う~ん、はぁ~・・・キスして(会場:大騒ぎ)・・・あははは。ヤラシイ~。
Q:そんな言葉も知ってるの?日本でデートするとしたら?
リダ:ディズニーシー。ランドは行ったことあるけど、シーはないから。
Q:今後の目標は?
リダ:夢は東京ドーム。日本でデビューしたときの夢は武道館。最近しました。次は東京ドームのために皆さん頑張りましょう!(会場:大声援) 8月の武道館ライブは本当に熱かったです、ファンが・・・あ~うるさかった (会場:え~~~) 冗談・・・。来年までに・・・無理じゃないかと思いますけど(気弱に)・・・ファンの皆さん助けてください。

この後、生歌聞きたいですよね~ということでソロ曲を2曲。歌う前に水が欲しいということで、ちょっと間がありました。歌詞に「ありがとう」と日本語が入ると客席からは悲鳴のような歓声が!(≧∇≦ 

【ミンホ君】
まずスツールに坐ったのはライオンのぬいぐるみ。何事もない風にミンホ君はライオンの隣に座り・・・
ミンホ君にもお姉さんがいらっしゃるそうでお姉さんの話。子供の頃、お姉さんはガキ大将でミンホ君が泣いて帰ると仕返しに行くような人だったそうです。2人でケンカしてもミンホ君が負けてばかりだったらしい。

この後、恋愛感に話が移り・・・司とつくしの映像が流れて・・・
ミンホ:このときは痩せてたけど、ちょっと太っちゃいました。(会場:え~) 皆さんの愛情でよく食べ、よく寝るので。(笑)
Q:積極的にアタックするほうですか?
ミンホ:(ニヤッとして)最初は慎重。自分が好きでも相手が違うようなら、まず友達に。相手も好きだとわかれば、ジュンピョのように積極的になります。忍耐力で待ちます。気楽に付き合うタイプです。(ライオンの頭をトントンと)弟です。長い足が特徴です。(笑)この子は八頭身です。(ミンホ君のマスコットらしいです。本当に足の長いライオンです)
Q:親友同士で同じ人を好きになったら?
ミンホ:まず友情をとるべきだと思う。ジャンディには僕が先に告白したので、ジフが横から入ってきたのは許せない。(笑)先に告白したほうが優先。
Q:さっきは慎重と・・・早めに攻めたほうが・・・。
ミンホ:そういう状況にならないことを願います。(笑)親友ならまず彼女のことを相談すると思います。それなのに三角関係になるなら、勝負するしかないな。
Q:殴り合い?
ミンホ:まずは言葉で・・・。

ミンホ君のCM集、ドラマ「秘密の校庭」の映像。恥ずかしいのか自分の手で顔を仰いでます。最初の頃の演技は恥ずかしくて死にたいくらいだそうです (≧∇≦
Q:これからやってみたい役は?
ミンホ:まだ若いので、男らしい役やメロドラマも一つ一つしっかりとこなして行きたいです。
Q:俳優業断念か?という事件があったそうですが・・・
ミンホ:大きな交通事故にあって、1年くらい休んだ時期がありました。今振り返ると、あの時間を経験して成長したと思います。演技が好きだと確認できた時間です。何事もポジティブに考える性質なので、あの時に事故にあったからこそ「花男」に出会ったんだと思います。運命ですね。(大拍手)
Q:最近こっそりと旅行してたとか?
ミンホ:はい、シドニー、ロンドンへ。久々にのんびりと街を歩き、食べて楽しい時間を過ごしました。写真集の撮影をしてきました。普段の僕の姿を見ていただけると思います。

この後、歌の練習をしていることが暴露され・・・もちろん歌ってくれました。「皆さん、過大な期待をしないように」と言ってましたが(笑) スタンドマイクで・・・あ~、あ~・・・とマイクテスト。「水お願いしま~す」なかなか水が届かず、さっきリダが飲みかけた水を (゜o゜§ 会場もきゃ~とかわぁ~とか (爆) 「My Everything」♪ ミンホ君のときはミラーボールが回って会場の天井がキラキラ。ずっと目を閉じて歌ってました!

【T-MAXライブ】
まず2曲歌って、簡単な挨拶。ミンチョル君はすごく面白い人なので、僕たちのために皆が来てくれたと錯覚してるなんて言ってました。会場も総立ちで更に盛り上がりました。2曲終わっても会場の皆も立ったままだったので「無言のアンコールだと思って・・・」ともう1曲♪披露。ミンチョル君は本当に気の利いた台詞で楽しいです。

この後、出演者全員と共に会場全員でゲーム。質問に答えて最後に残ったファンにプレゼントが。最終的にミンホ君とジャンケンをして10人くらいのファンが舞台に上がりました。プレゼントは写真集「SOFF」か花男イベント?DVD、そして皆と握手。でもリダは次の準備のため退席していました。ファンの中には小さい子供たちもいて、ジュファン君はしゃがんで子供目線で対応してましたね。

SS501ライブ】
白いスーツで登場のSS501。もちろんものすごい歓声で、緑ライトいっぱい、ノリノリのライブでした。「Ddejavu」「again」「僕の頭が悪いから」♪(合ってるかな?)と3曲歌ってくれました。メンバーは自己紹介やおしゃべりを日本語で頑張ってくれて・・・しかし、ジャンミンは日本語上手なはずが噛んでしまって「どうしよう」って。可愛かったです。(笑)

最後に全員登場。
ミンホ:(日本語)楽しかったですか? (会場:は~い) 僕も楽しかったです。日本に来ることを楽しみにしていました。今日、お会いできてうれしかったです。今日はありがとうございました。
リダ:(日本語)みんなのおかげで楽しかったです。気をつけて帰ってください。
ジュファン:また応援しに戻ってきます(?)(またお会いしましょうということだと・・)
ソウン:今日は楽しかったです。
ジュン:今日はありがとうございました。また戻ってきます。
ミンチョル:これからも「花男」を愛してください。
ジョンミン:また明日~

 

そして、一番最後に舞台を後にしたのはジュファン君でした。最後まで手を振ってました。きっとファンミの時とは違う感動を覚えたはず。あんなに大きな会場、埋め尽くしたファンの前に立ってもらうことが出来て本当に良かった・・・。私も嬉しかったです。彼にとって、この経験がきっと新しいエネルギーになるでしょう。「タムナ」でもイベントしてもらえるといいなぁ・・・(^^♪ 彼も心の中でそう思ったんだと思います。「タムナ」で戻ってきてください。(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°