2007年 ジェイ・チョウ(周杰倫) 武道館 2/17

2007-02-18の記事

17日のお客様の入りが気になっていたのですが、かなり埋まってました。よかったです。そして、やはり16日を見直し変っている部分もありました。曲目やパフォーマンスの形は同じですが、トークもまとまってましたし、流れがスムーズな気がしました。気に入っていたのか、たくさん使っていた日本語「ソンナノカンケイナイ」は今回は一度?か二度だけでしたね。
そして、一緒に歌おうといったのは「Secret」。
う~ん、これまたちょっと難しかったですねぇ。(私だけ?)

17日は中国語でのトークが多かったかな。「青花瓷」ではお父さん、お母さんが好きな曲。僕はいつもは発音が悪いけど、とてもはっきり歌っているから注意して聞いてね・・・と。会場は大笑い。本当にはっきりと歌ってました(いやそう感じました)。
それからダンスで振り向きざまにVサインとか、会場がジェイの期待に応えて歌えたときの笑顔とか、前日よりやはりリラックスで出来ているようでした。
中国独楽のパフォーマンスもレベルアップしていたし、途中で予告したとおり扇子やヌンチャクを最後に会場に投げたり、ファンも大興奮。
17日はファンも様子が分かっているせいか、歓声、拍手、声も多く出てました。ジェイも何回か「開心嗎?」「喜歓嗎?」と簡単な言葉を会場に投げかけると、多いな声で「開心!」「喜歓!」と返事が返ってくるのがうれしいみたいでした。
全体の印象としては、より盛り上がって、前日より数倍パワーアップした感じでした。

あ~、終わっちゃいましたねぇ・・・。燃え尽きました・・・。肩と足が痛い~!