ふくみみdiary

      日々楽しく心豊かに暮らすために

2006年 KEN IN YOKOHAMA

2006-11-25の記事

今日は待ちに待ったKENちゃんのファンミでした。
横浜パシフィコAホール。朋友と待ち合わせて、早めに会場へ行ったのですが、受付が16:00過ぎから始まり、結局そのままずっと並ぶことになってしまいました。
入り口にはたくさんお花がありましたよ!やはりブルーの花でそろえられておりました。
今回のファンミではKENちゃんの本「おいしい関係」のプロモも兼ねていたようです。

 

私も、今日ばかりは冷静ではいられず、レポするにもかなりあやふやです。いつもそうなのですが、ことKENちゃんに関してはうまく表現できない、ぴったりの言葉が見つからないということで・・・ごめんなさい。

 

席は整理番号順にブロックに分かれており、指定席ではないのですが、まぁ順番につめて座るみたいな感じでした。2100人と聞いてましたが、スタンディングとは違い席に座って見るとなるとすごく広い場所が必要になるんですね!私は割と前のほうだったのですが、後ろはどうだったのかしら?ちゃんと見えたのかな?でも、私も双眼鏡使いながらみてました。

 

18:15ごろ始まりました。今日の司会は「料理の鉄人」のレポーターをされていた太田真一郎さん。「福井さん!」の呼びかけ覚えてます。料理つながりで選ばれたと言ってました。そして、KENちゃんの名が呼ばれ・・ キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
当然、すごい嬌声
KENちゃんは後ろのドアから中央の通路を通って登場!通路側の迷さま・・大変な騒ぎです。黒のスーツ、結構ボトムは細身で足の長さが強調されて・・(*≧∀≦)ノ”++  胸ポケットに白い水玉の黒っぽいチーフが入ってます。左の小指に指輪。
シンプルな服装だけど、超、超、超ダンディ!
すでにここで私はかなり壊れ気味(私のことはどうでもいいですね・・)

 

なんと、最初のコーナーはKENちゃん来日公開記者会見。記者会見をファンの前で行うということで、みんな大拍手。こんなこと経験ないし、うれしい驚きでした。
まずはフォトセッション。KENちゃんは舞台の上で私たちに背を向けてポーズを決めてます。同じく舞台の奥に並んだカメラマンの皆さんは、バックの迷さまと一緒のKENちゃんをパシャパシャと撮ってます。KENちゃんの表情は見えないのですが、いつもの手を広げるポーズもしてましたよ。
太田さんが「今、すごくカッコイイ顔してます」なんていってくれるたびに きゃ= っという叫び。
太田さん、さすが軽快な語り口で楽しかったです。

 

太:KENさんの後姿も好きですか~?
迷:好き~

 

背中が大きくていいんですよねぇ。撮影が終わって、KENちゃんこちらを向いてくれました。今度は記者の方々が、舞台下からKENちゃんに質問。

 

①今回の来日で新しい食べ物を食べましたか?
:来日してから3日間忙しかったので、チャンスがなかったです。明日時間があれば食べに行きたい。

 

②寒い日にファンにどんな料理を作ってあげたいですか?
:暖かいスープ

 

③もうじきクリスマスですが、友人とのパーティでの料理は何を作る?
:ha ha ha~。クリスマスなら出来合いの惣菜を買うことが多いです。
迷:えぇぇぇ~~

 

今度はファンからの質問コーナー。いつものようにあらかじめ選ばれていますが、今回は舞台に上がってというようなことはなく残念。
名前を呼ばれると立ち上がることになるのですが、会場が広いし段差もないので呼ばれた方がなかなか見つからず、太田さんキョロキョロ。KENちゃんもキョロキョロ。ライトがあるから舞台からだとわかり難いですね。

 

①食材を買うとき日付にこだわるとか、買い物をするときついやってしまうことは?
:新鮮なものを選ぶこと。これは経験が大事。外から見て新鮮に見えても、中が腐っていたということもあった。経験をつめばわかるようになるよ。

 

②多趣味のKENちゃん、今一番はまっているものは?
太極拳
迷:見せてくださ~い。
:今日はスーツだし、次のチャンスに。いろいろな動作があるから、今やるとズボンが破けちゃうよ。(笑)

 

あっという間に質問コーナーが終わって、KENちゃん10分間の休憩。お着替えですね。(=^^=)ニョホ 

 

再び登場したKENちゃんはブルーとピンク?の細いストライプのシャツ(遠目には薄い水色に見えます)にジーパン(ステッチがちょっとおしゃれ)に黒いバスケットシューズ。ジャケット脱ぐとやはりふっくら感がわかるなぁ。ちょい熊さんです。でも、私は没問題!!!

 

太:はじめまして
ハジメマシテ
太:「料理の鉄人」もご覧になっていたそうですが、僕のこと覚えてますか?
:鉄人の方々は覚えてます。haha~、覚えてますよ。
太:すごい声援ですね。
;(会場のに向かって親指を立ててGOOD)
太:日本で初めてのファンイベントですが、日本には良く来ますか?
:年に2、3回は来ます。仕事もあるし、プライベートもあります。
太:良く行く場所は?
迷:築地~
太:先に行っちゃだめですよ!
:ツキジイチバ
太:買い物するんですか?
:スシ
太:今回はどこに行きました?
:まだ、遊びに行ってないです。明日、あさって時間があるので行きたいです。
太:ドラマの撮影で忙しかったと聞きましたが・・
:つい最近まで、ドラマで中国の新疆に4ヶ月滞在しました。大変だったけど、今は終わってリラックスしてます。来年の3月にはその「楚留香」を皆さんにお見せできると思います。
迷:わぁ~~
太:みどころは?
:特別なドラマです。初めての時代劇でアクションシーンもあったけど無事に終わりました。
太:皆さん楽しみにしてください。
:(拍手)   迷:(大拍手)
太:料理の達人と聞きましたが?
:ただ食いしん坊なだけ
太:小さい頃からおいしい物に囲まれて育ったようですが・・(太田さんは「おいしい関係」を読んで司会に臨んでます)
:伝統的に中国人は食事を大切にします。

 

ここで、KENちゃんシャツのジーパンのポケットだったかな?なにやら出して・・・小さくたたんだティッシュで汗拭いてます。う~ジェントルマン!会場ため息・・・やられた迷さま多数 (≧▽≦)

 

:出版社の方から本の話があったとき、どうかと思ったけれど、仕事の中で得たこと、思ったことを皆と分かち合いたいと思いました。レシピも活用してくれたらうれしい。
日本版には新疆で僕の撮った写真が入ってます。レシピは日本の皆さんが手に入れやすい食材、調味料になってます。

 

太:F4のメンバーに料理を作りますか?
:hahaha~ ここ1、2年作ってない。また、4人で仕事をするチャンスがめぐってきたので、メンバーにも作ってあげるチャンスができます。

 

と、突然太田さんが「次はKENさんのお料理教室~!」と。舞台に食材、キッチンの用意をする間、KENちゃん休憩です。料理の鉄人のテーマ曲の流れる中、再び登場のKENちゃんは薄い鶯色のエプロンをしてます。迷さま、きゃ~~。

 

太:ファンに料理を教えたことあります?
:初めてです。

 

会場から二人の迷さまが選ばれて、舞台へ。お二人とも料理はあまりしないということで、太田さん心配顔。作るお料理は、「おいしい関係」にも載っている①レンコンのしょうが風味あえ②トマトと卵の炒め物

 

太:ポイントは?
:レンコンは薄切りにして茹でてから水で洗ってシャキシャキ感をだします。炒め物のほうは、僕はトマトの皮が好きではないので、皮を湯剥きします。トマトと卵を一緒にいためるのではなくて、まず卵を半熟にいためてから、トマトを入れます。
きっとできるから頑張って!

 

お二人それぞれ調理を始めます。失礼ですがお一人は本当にやったことないみたいで、レンコンを切る包丁捌きが・・こ、怖い・・KENちゃんも途中から自分で切ってました。レンコンて硬いし安定しないから薄く均等にきるのは難しいかも。でも、彼女が一生懸命に切ったレンコンをKENちゃんチェックして上手に切れたと褒めてましたぁ。

 

KENちゃん、2品なら15分くらいでできると言ってました。さすがです。茹でたレンコンを味見するKENちゃん。迷さまの口にもレンコンを入れてあげて・・・会場からはうらやましい ぎゃ~! の声。

 

炒め物に挑戦の迷さま、フライパンに油を引いたらすごい煙で・・わぁ~~~
トマトをいためる時にしょうゆを絡ませておけば、卵に色がつかないって・・なるほど。
面白いのは、KENちゃん、太田さんと会話していても、迷さまの料理の仕方を見ていて、「あっ」とか「OK」とか、思わず手をだしたりと、きっちりチェックしてます。こういうところは見ていて飽きない、迷にとっては楽しいですね!

 

卵をいためて取り出した後は、布巾でフライパンを丁寧に拭いたり、・・レンコンの和え物はお箸で混ぜていたのですが、普通は手でするとか・・本当に手馴れてます。お見事。そして、完成したお料理をKENちゃんチェ~ック!

 

:イタダキマス。(まずレンコン)オイシイ。気持ちのこもった料理です。(炒め物をバクバク食べるKENちゃん、お腹すいてるのかなぁ?)オイシイ・・けど、卵を溶くとき塩を入れると言うのを忘れてました。(笑)
迷:(笑)
太:この試みどうでしたか?
:とても楽しかったです。あまり、教えるということはないので。(時々、汗を拭く)2人にも料理に興味を持って欲しい。お母さんの苦労をわかって。

 

2人の迷さまお疲れ様でした! 休憩後、写真の話

 

太:多趣味ですね。写真も得意とか。
:プライベートではつまらない人間ですから、たくさんの趣味を持って楽しくしてます。
太:いつから写真を?
:4年くらい前から。「流星花園」が終わってカメラを買いました。
太:どういうときに撮るんですか?
:風景を撮ります。空を撮るのが好き、名前に「天」の字がつくから。動物も良く撮ります。人物は撮らない。

 

KENちゃんの撮った写真を紹介(日本版「おいしい関係」に収録されてます)新疆で撮った写真で、教科書でしか知らなかった史跡や吸い込まれそうな青い空の写真です。モノクロもあって、いつもカラーとモノクロの2台を持っているそうです。KENちゃんスツール椅子に座っているので右足は舞台について、左足は時々ぶらぶらさせながら・・・写真を見ながら懐かしいと。

 

そして、プレゼントコーナー。KENちゃんが箱の中から、はがきを引きます。①サイン入り「おいしい関係」、本当は5名だったのにKENちゃん10名分頑張ってくれました。②サイン入りポスター10名。
そして、エバー航空様よりご提供、台湾往復チケット1組2名様。このときはゲームで勝った人がもらえることに。KENちゃんがキーワードを言うので最後まで当てはまる人が勝ち。たとえば、自分の猫との写真を持ってる人とか・・最後はジャンケンで。KENちゃんが「セーノ、ジャン、ケン、ポン」って。このとき勝った方にはハグのプレゼントも。迷さま泣いてましたね。良かったねぇ・・・いつまでも応援してますって泣きながら言ってましたぁ。こっちまで感激しちゃった。

 

太:ファンのみんなでKENさんに歌のプレゼントをしましょう。この歌です。

 

流れた曲は「流星雨」 会場全員で大合唱です。

 

   ウェンロウ ダ シンコン インガイ ラン ニ  ガンドン ♪ ・・・

 

KENちゃんも歌ってくれて、私もついウルウルきちゃいました。サビの部分はマイクを使って歌ってくれました。

 

K:イッショニ~

 

:アリガト~~!

 

ここで太田さんも挨拶して引っ込みましたが、当然のアンコール。ある迷さまの発案で「浜辺の歌」をKENちゃんにプレゼント。始めはうまくいかなかったけれど、そのうち声がそろってきました。3回ほど繰り返し歌ったところで、KENちゃん再登場。「浜辺の歌」一部分も歌ってくれましたよ。この歌は映画「東京審判」でKENちゃんが劇中歌った曲。まだ、覚えていてくれたんだ!

 

この後、スペシャルプレゼント。
KENちゃんから迷さまに渡すまで、プレゼントは何だかわかりません。先ほどと同じゲームで決めます。①プレスレットでした。腕を出してと言ってつけてくれました。
もうひとつ本当に最後のプレゼント。KENちゃんからキーワードは「今日が誕生日の人」。なんと一人だけと思ったら、双子の方でKENちゃんもびっくり。お2人とも手を出してと言われて指輪をはめてもらいましたぁ。ハグもしてもらってましたぁ。。。。う゛===

 

そして、とうとうKENちゃん最後のご挨拶

 

:ミナサン、コンバンワ。
迷:こんばんわ~~
:hahaha~、4ヶ月間仕事をしていたので、皆とこのようなリラックスする時間を持ててうれしいです。皆の応援に感謝の気持ちでいっぱいです。料理を作ることで、僕と同じように幸せな気持ちになれると思います。楽しい時間をすごしました。帰りは車に気をつけて!(交通安全)

 

そして、投げキッス(会場 きゃ====) & 心臓の辺りを二回右手こぶしでトントン して舞台を去っていきました。

 

なんだかすごく短い時間だった。あっという間に終わったような感じです。もっと、たくさん話して欲しかったし、歌って欲しかった、眺めていたかった。KENちゃんすごく 男 でした。会うたびに思うけれど、私の思っているとおりの人なんです。うまくいえないけど、スターとかアイドルとはちょっと違う感じ。私の中では本当に 最高の男 です。
いつか私にも、もっとKENちゃんを近くに感じることができる日が来ますように。
横浜はすっかりクリスマスでした。